メールが来なくてつらい時の対処法その2

メール2

 

スパイになって敵のアジトに潜入する夢ばかり見てしまう、池袋・占い空間ウエストウィッチのヨシツグです。

 

おかげで朝起きると既にグッタリしています(笑)。

 

さて、【今日はメールが来なくてつらい時の対処法その2】です。

 

以前、ご紹介した「メールが来なくてつらい時の対処法」では、好きな相手と今なかなか連絡が取れないことにも意味があるのだと思いましょう、そして自分に【あの人とラブラブになってしまったら、やりたくてもやれなくなることって何だろう?】と質問して、思い浮かんだことを今のうちに片っ端から済ませておきましょう、というテクニックをご紹介しました。

 

が、「やってみました・・・でも全然ダメ! 彼からメールが返ってこないと苦しくて死んでしまいそう!」という重症の方もやはりいらっしゃると思います。

 

今日は、そんな重症の方向けの心理テクニックをご紹介いたします。

 

何を隠そうこれは、かつて片思いで死にそうに苦しい思いをしていた青春時代に、私自身がつかっていた心理テクニックでもあります。

 

おかげで死なずにすみました(笑)

 

簡単な方法ですが、効果は絶大です。

 

よろしかったら、ぜひお試しくださいませ。

 

■メールが来なくてつらい時の対処法その2

 

メールが来なくてつらい時の対処法その2・・・それは【手紙を書くこと】です。

 

相手はもちろん、メールをくれない憎いあんちくしょうです(笑)。

 

できれば手書きの手紙にしてください。

 

その方が効果的です。

 

具体的な書き方としては、まず相手に対する怒りや悲しみや、傷ついたこと、恐れなど、自分の中にあるネガティブな感情をできるだけ包み隠さずストレートに書いていきます。

 

次に、今度は相手に対する理解や感謝や愛情などのポジティブ感情をできるだけたくさん書いて表現することに集中してみてください。

 

上手に書く必要はありません。

 

できるだけ頭(思考)を使わずに、感情のおもむくまま勢いに任せて激しく書きなぐっていくのがコツです。

 

恋に苦しむ偉大な詩人になったつもりで思いのたけを書き尽くしてみてください。

 

そして何よりも大事なことは、この手紙は絶対に【相手には出さないこと】です。

 

その相手にはもちろん、誰にも見せてはいけません。

 

書き終わって3日くらいしたら、自分が書いたこの手紙をじっくりと読み返してみてください。

 

書くだけでもある程度スッキリするのを感じられるはずですが、3日も経てばかなり冷静さを取り戻せているはずです。

 

その冷静な目で、自分が書いた手紙を読み返してみるのです。

 

おそらくたいていの人が、いかに自分が自己中心的で、相手に対してただ求めるばかりになっていたのかを気づかされることでしょう。

 

ちなみに私も、この手紙を書いて読み返すたびに「うわー気持ち悪いなぁ、何だかストーカーみたいだなぁ、これじゃあ彼女も離れていくよなぁ」とよくゲンナリさせられたものです(笑)

 

ですが、この手紙の効果は絶大です。

 

書くたびに必ず冷静な自分を取り戻すことができます。

 

事実、私はこのテクニックのおかげで何度も救われてきました。

 

簡単にできますから、騙されたと思ってぜひ一度試してみてください。

 

■なぜ相手に出してはいけないのか?

 

「相手に読んでもらえないのに手紙を書くのですか?」と疑問に思われるかもしれませんが、そこがとても重要なのです。

 

行き場もなく荒れ狂っている自分の感情を吐き出し、それを自分自身で受け止めること・・・それが、この手紙を書く真の目的です。

 

メールが来なくて苦しいのは、その相手を含め、今のあなたの苦しい思いを誰も受け止めてくれないからです。

 

よく、意中の相手からメールが来なくて苦しいような時、mixiやツイッターなどをつかって自分の苦しい思いをつらつらと書き綴っている人がいますが、あれは完全に逆効果です。

 

なぜなら、そもそもそんなことをしてしまう理由は【誰かに自分の気持ちを受け止めてもらうことを期待しているから】です。

 

もちろん、一番受けとめて欲しいのはメールをくれないその相手に他なりません。

 

が、相手がそれを読むことはまずありえません。(そもそも、今はあなたと離れていたいからメールが来ないのです)

 

もしかするとその文章を誰かが読んでくれたり、コメントを返してくれたりすることがあるかもしれませんが、メールをくれないその相手からあなたが望んでいるような反応がない限り、あなたの満たされない思いはさらに不満を覚えて大きく膨らんでいくことになります。

 

感情というのは、あなたがそれを本当に自分で受け止めることができるまでは決しておさまりません。

 

ですから、自分の苦しい思いを自分で受け止めることができるようになると、その苦しさはウソのように消えていき、楽になります。

 

以前にも書きましたが、他の誰かに幸せにしてもらおうと思っているうちは、人は絶対に幸せにはなれないのです。

 

あなた以外の誰かの気持ちをコントロールすることは不可能です。

 

相手の気持ちは相手のものです。

 

そしてあなたの気持ちはあなたのものです。

 

相手の気持ちを変えることはできませんが、自分の気持ちを変えることはできます。

 

そしてあなたの気持ちが変わると、自然と相手の気持ちも変わってくるのです。

 

メールが来なくてつらいのは、相手のせいではありません。

 

それを理由にして自分で自分を傷つけているあなた自身の責任です。

 

「こんなに私が苦しい思いをしているのはあなたのせいよ!」と思っているうちは、その人はあなたの元へは決して戻って来ません。

 

こんな時のあなたは荒れ狂っている嵐も同然です。

 

誰が好き好んで嵐の中へ飛び込んで行こうとするでしょうか?

 

「嵐がおさまるまでは近づかないでおこう」と思うのが普通だと思いませんか?

 

つまり、あなたのその感情の嵐がおさまりさえすれば、自然とまたその人は戻ってきてくれるということです。

 

ですから、そのために、まずはこの【手紙】をつかって自分で自分の気持ちを受け止めることから始めてみましょう。

 

誰かに頼らず、自分で自分の気持ちを癒すのです。

 

これができるようになれば、彼からメールが来ないからというだけでいちいち落ち込んだりすることはなくなります。

 

あなたたを幸せにできるのはあなただけです。

 

相手の気持ちを気にしているヒマがあったら、もっと自分の気持ちを気にしてケアしてあげましょう。

 

手紙を書いているうちに、思ってもみなかったような自分の深い部分の気持ちと対面することができます。

 

あなたにそれを気づいて欲しくて感情(潜在意識)は荒れ狂っていたのだとわかるはずですよ。

 

■補足

 

自分で自分の気持ちを癒す方法としては、以前にご紹介した【自分の恋愛依存症をなおす方法】も効果的です。

 

よろしかったら、ぜひ併用してみてください。

 

 

■恋愛相談のお申し込みはこちらをクリック!

☆「あなたの恋を叶える7つの魔法」を無料プレゼント中です!
7kara@westwitch.info に空メールを送ると手に入ります。

【恋愛ブログランキング!】←参考になりましたら応援お願いいたします!


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

カスタマーセンター

2016.9.16

有料コンテンツご購入時のメールが届かない方へ

動画をアップするたびに、「動画を見ているうちにいろいろ気がついて問題が解決してしまいました。セッションの予約はキャンセルしてくだ…

カテゴリー

過去の記事

ページ上部へ戻る