バレンタイン必勝法!

バレンタイン

 

※これは【バレンタインデーで失敗しないために】の続きの記事です。

 

テーマが「バレンタインデー」ということで、【片思い中の女性】向けに記事を書いていますが、すでに恋人やパートナーがいる方でも参考になる内容だと思いますので、よろしかったら最後まで読んでみてください。

 

さて、前の記事をおさらいすると、バレンタインデーで失敗しないためには【告白しない】【好きと伝えない】【(お返しを)期待しない】ことがとても重要になります。

 

そもそも告白しない限り振られることもありませんし、嫌なこと(お返しを期待したり)をしない限り自分に好意を持ってくれている女性を男性は悪く思わないものです。

 

つまり今、あなたは自分で思っているよりもはるかに優位な立場にいるのです(笑)。

 

それをわざわざぶち壊すような神風アタックはやめてください。

 

大切なのは、彼に一方的に「好きです」と伝えて交際を迫ることではありません。

 

大事なことなので繰り返しますが【男性は何も強要されることなく自分の意志で女性を好きになりたい】と思っていることを忘れないで下さい。

 

そのためには、彼がもっとあなたを好きになるように仕向けないといけません。

 

つまり、もっとエレガントに【誘惑】しないといけません。

 

バレンタインデーはそのきっかけづくりに最適な日だと言えます。

 

前の記事でもちょっと書きましたが、バレンタインデーで勝利をつかむためには、彼に対して【あなたに興味があるんです】と上手に伝えていくことが必要不可欠です。

 

そのための具体的なヒントをご紹介していきましょう。

 

■バレンタインデーに何をあげたらいいのか?

 

「バレンタインデーに彼に何を(どんなチョコを)あげたら喜んでもらえるのかわからない」とお悩みの女性も多いことでしょう。

 

その答えをお教えします。

 

【迷惑にならないモノ】なら何でもかまいません。

 

いきなりロマンチックじゃない答えで申し訳ありませんが、これはとても大事なことです。

 

基本的に男性は女性からプレゼントをもらいたいとは思っていないのです。

 

もちろん、何かもらえればそれなりに嬉しく感じたりもしますが、女性ほど感激したりはしません。

 

元々、男性は【与えることに喜びを感じる性】であり、女性は【受け取ることに喜びを感じる性】なのです。

 

ですから男性は、別に女性からいろいろと受けとりたくはないのです。

 

男性は欲しいものがあれば自分で手に入れたいと思っています。

 

その方が喜びを感じることができるからです。

 

女性からいろいろ受け取ってしまうと、むしろ「あなたは私に何も与えてくれてないわ、まだまだ足りないの、私が欲しいと思うものをあなたにあげるから、あなたはもっと価値のあるものをお返ししてちょうだいね!」という無言のプレッシャーを感じてしまい、とても嫌な気持ちになります。

 

男性たちの本音をわかりやすく言えば「お返しを期待するくらいなら、お願いだから何もしないでくれ!」です。

 

という訳で、あげるものは彼の【迷惑にならないモノ】なら何でもかまいません。

 

通常はちょっと高級なチョコレートなどが無難ですが、甘いモノが苦手な男性も多いですから、そういう場合はちょっと高級な下着や靴下などをプレゼントするといいでしょう。

 

夢のない言い方ですが、基本的に男性は女性から何をもらってもそれほどありがたくないのだということを忘れないでください。

 

男性にプレゼントを贈る場合は、ちょっと高級な【大したことのないモノ】を選ぶのがミソです。

 

「精一杯頑張ったけど非力な女の私じゃこれくらいのものしか用意できなくて」という気持ちが伝わるようなものなら最適です。

 

チョコであれ他のものであれ、デカくてかさばるようなモノは避けましょう。

 

小さくて可愛らしいほうが男性には喜ばれます。

 

それから、これは言うまでもないことですが、デカデカと「好きです!」とか「LOVE!」とか「本命です!」とか書かれているようなモノも避けましょう。

 

あなたが元々お菓子づくりが好きな女性ならば別ですが【手作りチョコ】も極力避けるべきです。

 

くどいようですが、できれば男性は女性から何もモノをもらいたくはないのです。

 

特にいろいろな「念」が込められているような怖いモノは・・・

 

それを忘れないで下さい。

 

■バレンタインデーに男性たちが欲しいモノ

 

男性は女性からモノをもらいたくないのだとご説明してきましたが・・・実はそんな男性たちにも、ノドから手が出るほど女性たちからぜひ贈られたいと願っているモノがあります。

 

それが【感謝】です。

 

知っていましたか?

 

実は・・・男性たちは、好きじゃない女性から【好きです!】と書かれた手作りの本命チョコをもらうよりも、【いつもありがとう!】と書かれた義理チョコをもらった方が嬉しく感じるものなのです。

 

私も義理チョコは意外と好きだったりします。

 

なぜなら、こちらはもらってもほとんど何のプレッシャーも感じませんし、その女性からのささやかな感謝の気持ちが伝わってきて、純粋に嬉しく感じるからです。

 

【異性としての好意】は自分が好きになった相手からしか受けとりたくないものですが、【感謝の気持ち】なら誰からでもできるだけ受け取りたいというのが男性たちの本音です。

 

ですから、ここからがとても重要なことなのですが、バレンタインデーで勝利をおさめたかったら、バレンタインデーを【愛を告白する日】ではなく【愛する人に感謝をする日】のように考えてみてください。

 

「それじゃあ、まるで父の日や母の日や敬老の日なんかと同じじゃないですか?」

 

はい、その通りです。

 

【父の日】と同じようなものだと思ってください。

 

試しに「お父さん、いつも私たち家族のために一生懸命働いてくれてありがとう!」というノリで「~さん、いつも私たち女性社員のことを一生懸命気遣ってくださってありがとう!ささやかですがお礼の気持ちです!」などと彼に感謝してみてください。

 

きっとあなたがビックリするくらい喜んでくれるはずです。(顔には出さないと思いますが)

 

【好きと伝えずに感謝の気持ちを伝える】

 

実はこれこそがバレンタインデー必勝法!なのです。

 

まだ好きじゃない女性から好きと言われたら困ってしまう男性も、まだ好きじゃない女性から感謝されることは素直にとても嬉しく思うのです。

 

そしてここからがさらに重要なことですが、あなたが彼に感謝するということは「私はあなたに助けてもらいました、そしてそれをとても嬉しく思っています」というメッセージを彼に伝えるのと同じ効果があります。

 

女性は自分のことを一番助けてくれた(あるいは、助けてくれそうな)男性を好きになります。

 

それとは逆で【男性は自分が一番助けてあげた(あるいは、助けてあげられそうな)女性を好きになる】のです。

 

ですから、あなたが彼に感謝をすればするほど、彼はあなたのことを好きになっていきます。

 

しかも異性として好意を伝えている訳ではないので、彼は逆に(こんなに感謝してくれるなんて、彼女はもしかして俺のことが好きなのかな?)とあなたのことが気になり始めます。

 

あなたが彼に感謝をすればするほど、彼のこの疑念はさらに大きく膨らんでいき、やがて・・・

 

(やっぱり彼女は俺のことが好きに違いない・・・いや、でも、みんなに優しい女性だしな、俺の勘違いかもしれないし・・・ああ、何だか最近、彼女のことばかり考えているな・・・あれ、もしかして俺は彼女を好きになり始めているのか?)となっていく訳です。

 

どうですか? これこそ、あなたが本当に望んでいる展開ではないですか(笑)?

 

という訳で、バレンタインデーは【愛する人に感謝をする日】なのだと思ってみてください。

 

ほとんどの女性はバレンタインデーと言えば一方的に自分から好きと伝えて男性を振り向かせる日みたいに思っていますから、あなたがこれを実行すれば、それだけで彼に「おや?」と思わせることができるはずですよ。

 

■具体的な方法

 

では、具体的にはどんなことをすればいいのか?

 

鍵となるのは【メッセージカード】です。

 

「チョコは脇役、カードが主役」と覚えておいてください。

 

ちょっとしたメッセージカードや便箋に、彼に対する日頃の感謝の気持ちを簡単に綴って同封するといいでしょう。

 

もちろん手書きです。字が下手でもかまいません。

 

もうお付き合いをしているような場合や、友人、知人としての関係が長いような場合は長文のメッセージでもかまいませんが、まだあまりよく知らない相手には短めの文章の方がいいでしょう。

 

連絡先を知らない相手には、文末に自分の名前とメールアドレスをさり気なく書いておくことを忘れないでください。

 

【追伸:チョコレートお口に合いましたか? もしよかったら食べてみた感想など教えてくださると嬉しいです!】などと書いておけば、お相手からメールが来る可能性も高まります。

 

すでにある程度よく知っている仲ならば、

 

【追伸:ホワイトデーにはご飯でもおごってください、期待してまーす! なんちゃって(笑)】などと書いておけば、お相手からデートの誘いが来る可能性もあるでしょう。

 

「感謝と言ってもどんな風に感謝したらいいのか・・・」と戸惑っている方はこのブログのコメント欄を見てください。

 

ありがたいことに、いろんな方が私の書いた記事に感謝してくださっています。

 

こんなノリでいいのです。

 

別に変なテクニックを使って難しいことを書く必要はありません。

 

あなた自身の言葉で彼に対する感謝の気持ちを素直に伝えましょう。

 

よく思い出してみてください。

 

何か感謝したいことがあるからこそ、あなたは彼を好きになったはずです。

 

もし、彼に対して感謝の言葉が何も思い浮かばないと言うのなら・・・それは、残念ながら本物の恋ではないと思いますよ。

 

それからもう一度言いますが、相手がすでにあなたを異性として意識しているような場合をのぞいては、絶対に【好き】という言葉を使ってはいけません。

 

好きと言わずに好意を伝えていき、相手の中であなたへの気持ちが自然と育っていくように仕向けるのが、恋の必勝法です。

 

覚えておいてくださいね。

 

■注意点

 

バレンタインデーには【好きと伝えずに感謝の気持ちを伝える】。

 

これこそがリスクもなく彼に好意を伝えるのに効果的だというのは何となくわかってもらえたと思います。

 

もちろん、やるやらないはあなた次第ですが、よかったら参考になさってみてください。

 

最後にいくつか注意点を書いておきますね。

 

・渡すときは直接渡す!

 

「ロッカーにこっそり」「カバンにこっそり」「郵送でこっそり」・・・そんな姑息なことはやめましょう。

 

私は以前、友達の代理で来たと言って私にチョコレートを渡しに来てくれた女の子を好きになりかけたことがありました(笑)

 

チョコレート一つ渡せないような相手とお付き合いができるわけがありません。

 

【好き】と書かれたチョコレートを渡すのは恥ずかしくても、【ありがとう!】と書かれたチョコレートを渡すのはそんなに恥ずかしくないはずです。

 

それでも直接渡せないようなら・・・その人とは縁がありません。すっぱり諦めましょう。

 

・モテる男子には一日遅れで渡す!

 

相手がモテる男性の場合は、あなたのチョコレートは他の女性のものに紛れてしまいます。

 

それだとインパクトに欠けます。

 

ですから、あえて一日遅れで渡しましょう。実はそのほうが効果的です。

 

一日遅れで渡すことで、もしも彼があなたに対してすでに好意を抱いているような場合でも(あれ? 彼女は俺にくれないのかな?)とヤキモキさせることができます。

 

・ホワイトデーは存在しない!

 

「お返し」のことはキッパリと忘れましょう。

 

ホワイトデーのことを気にしていると確実にそれが彼に伝わります。

 

「何もお返ししてくれなくても感謝の気持ちとして彼にプレゼントをしたい!」と本心から思える時にだけチョコを渡してください。

 

それでなければ効果がありませんので。

 

■最後に

 

バレンタインデーに関する記事は書きたくないとか言いながら、なぜだかいつも以上に長文になってしまいました。

 

そして「何気にモテる男アピールをしているところが嫌らしいですね!」と思われたかもしれませんが・・・まあ私にもそんな時代があったということです(笑)。

 

ですが、今回ご紹介した方法は単にバレンタインデーだけではなく、クリスマスや、お相手の誕生日などにもつかえる方法です。

 

女性から男性にアプローチするやり方も何となくおわかりいただけたのではないでしょうか?

 

よかったら参考になさってみてくださいね。

 

それでは、素敵なバレンタインデーを!

 

■恋愛相談のお申し込みはこちらをクリック!

☆「あなたの恋を叶える7つの魔法」を無料プレゼント中です!
7kara@westwitch.info に空メールを送ると手に入ります。

【恋愛ブログランキング!】←参考になりましたら応援お願いいたします!


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (72)
    • ちょこ
    • 2018年 4月 15日

    よしつぐさん

    職場で2年片思いしていた男性がいます。
    会社を退職するので、彼と会えるのはあと1日です。

    その日に手紙を渡そうと思っています。

    主に感謝の気持ちを書きました。

    手紙の先頭に、初めて会った時から大好きですと書いたのですが、書かない方が良いでしょうか。

    彼とは出会ってすぐに意気投合して仲良くなりましたが、一度身体の関係をもった途端に相手は冷たくなりました。

    それからは私も彼を追いかけなかった為、彼が私に気を遣うようになったり、優しくなりました。また良い雰囲気になってきたと思い、もう一度連絡をしたら二年前と同じで無視され、また会社でも冷たい態度になってしまいました。思い切って、ずっと好きだったとラインで伝えてしまいましたが、返事はありませんでした。

    よしつぐさんを知るきっかけになった彼なので、彼には本当に感謝しています。ライブ等で色々勉強しましたが、
    もうあと1日しか会えないと思うと、虚しくて寂しいです。

    そして、二年ずっとラインを未読無視されていましたが、よしつぐさんの言う通りに色々実践したところ、彼からラインの返事がきました。(業務的なことでしたが)

    先週、次で会うの最後だと伝えたら、真顔でしたが少しは寂しいと思ってくれていると思います。。。

    もう会えないのだから、好きと書いても嫌がられないでしょうか、少しは嬉しく思ってもらえるでしょうか…

      • ヨシツグ
      • 2018年 4月 15日

      ※現在、個人的なご相談のコメントへは返信を控えさせていただいておりますが、他の方も気になる内容かもしれませんので、簡潔にお答えいたします。

      残念ながら・・・

      今のあなたが「好き」と伝えても彼を困らせてしまうだけで、全く嬉しいとは思ってもらえないことでしょう。

      なぜなら、お二人の気が全く合っていないからです。

      そうなってしまうのは、あなたが焦ってしまうあまり、心に全く余裕が無くなっているからです。

      今のあなたは視野がとても狭くなり、相手の気持ちがまるで見えなくなっています。

      これは、目隠しをしたまま相手に全力でボールを投げつけようとしているようなものです。

      それまでのキャッチボールがよほどうまくいっている二人でない限りは、相手がそのボールをキャッチするのはまず不可能でしょう。

      あなたにとって彼は「恋人」なのかもしれませんが、彼にとってあなたは「(過去に何があったにせよ今は)会社の同僚」なのです。

      あなたは過去の思い出の中を生きていますが、彼は今の時間の中を生きています。

      だから気が合わないのです。

      ですから一度、過去のことは脇に置き、今の二人の関係性からもう一度やりとりを始めることが大切です。

      自分の満たされない思いを無理に相手に押し付けようとするのではなく、今の相手の気分に合わせて、もっと穏やかなコミュニケーションを心がけてみてください。

      つまり、あくまでも会社の同僚や仲間の一人として、彼に感謝や応援のメッセージをさらっと簡潔に送るということです。

      その方が間違いなく彼は喜んでくれますし、その後、お二人がお互いに連絡を取り合うチャンスも生まれます。

      まずはもう一度、素直に「会社の同僚」からやり直してみてください。

      その後、→「友達」→「友達以上恋人未満」→「恋人」→「本物のパートナー」と少しずつ丁寧に関係を育てていきましょう。

      遠回りに見えても、実はそれが一番の近道なのです。

      ヤケになって全く勝ち目のない丁半博打をしてはいけません。

      それではただ傷を深めるだけです。

      それよりも、実際には何をした時に相手との関係が良くなったのかを、冷静にもう一度ちゃんと思い出してみてください。

      【それからは私も彼を追いかけなかった為、彼が私に気を遣うようになったり、優しくなりました。】

      とあなた自身が書いています。

      よろしかったら参考になさってみてください。

      幸運をお祈りしております。

      ありがとうございました。

      • ちょこ
      • 2018年 4月 15日

      よしつぐさん

      返信ありがとうございました。

      相談して良かったです。

      もう最後でどうせこの先会えないのなら、思っていることを全て伝えようと思ってしまいました。
      印象を少しでも残したいと思いました。

      自分が相手を特別に思っているのだから相手もきっとそうだと思ってしまいました。

      好きと伝えたいところですが、よしつぐさんの言う通り同僚としてあっさりした手紙を渡すことにします。

      ありがとうございました。

    • えがわ
    • 2018年 2月 22日

    いつもLIVE配信を楽しみにしております。ありがとうございます。

    ヨシツグさんの仰っている、彼にばかり依存せず「他の男性と仲良くする」を実践しているのですが、同様に彼も他の女性と仲良くしていると思うとモヤモヤします。
    彼にはそのつもりがなくても、他の女性が彼に恋心を抱いたら。と思うと不安になります。
    実際、以前に彼が女友達と思っていた女性が彼に熱烈に恋心を抱き、それを女性の男友達がわたしに教えてくれました。
    彼に伝えたところ、女性には「友達としか思っていない」と伝えたそうですが、また同じようなことがあったら、と不安になってしまいます。
    わたしは男友達全員に彼の存在を明らかにした上で、お食事や遊びに付き合ってもらっています。
    以前「彼」にお付き合いをする、しないの話しをしたところ「そこまで気持ちが盛り上がっていない。まずは友達から」と言われてしまい、友だちとしてお付き合いをしています。
    でも、いろいろあって、会うたびにエッチをする関係です。(彼はセフレ関係を否定しています)
    ちなみに彼は、交際について以下のように言っています。
    —————————————–
    気持ちや関係性に区切りや名前を付ける事、
    その呼び名で一喜一憂したり、安心や不安を感じる事、
    言葉や契約書に縛られてなければならない関係。

    理想を語っているのは分かっていますが、そういうものに頼ったり振り回されたりしない関係でいられたらとは思います。

    ただ一般的には、女性からズルい男と呼ばれるパターンですよね。汗

    女性が安心して妊娠、出産、子育てをするのを保証するのには向いていないですから、嫌がられるのは理解しています。
    特に日本では。

    でも、出産、子育ての必要も、経済的依存や相互補完も必要ない場合、
    異性のパートナー選びのポイントも、付き合いの中に望む事も、
    所謂従来型の要件とは少し違ってくるのでは?と感じているのですが。
    恋に恋し、見えない永遠を望むより、
    結果的にそのパートナーが一番で最後まで一緒に居続けたねって成れれば理想です。
    こういうのって、やはり難しいのかな〜?
    —————————————————–
    複数の女性と(友達)付き合いをするけれど、最後(死ぬ時?)はお前が一番!となったらいいね。ということでしょうか。

    彼にその気がなくても、他の女性が彼に熱を上げるかも、と思うとモヤモヤします。

    ちなみに彼は離婚して独身。
    わたしも離婚して独身、子どもは二人とも成人しました。
    年収が1千万円以上あるので、彼に経済的な依存心はありません。

    • けいこ
    • 2018年 2月 19日

    質問です。

    好きと言ってしまった場合はもうダメということでしょうか?

    会ってくれないのでメールで伝えたら無視されてしまいました。

      • ヨシツグ
      • 2018年 2月 19日

      ※現在、個人的なご相談のコメントへは返信を控えさせていただいておりますが、他の方も気になる内容かもしれませんので、簡潔にお答えいたします。

      たとえば今、あなたが絶対に会いたくないと思う異性を一人思い浮かべてみてください。

      その人からメールで「好き」というようなメッセージが来ました。

      さて、あなたはそれをどう感じるでしょうか? 

      素直に嬉しいと感じるでしょうか?

      おそらく、ちっとも嬉しくはないはずです。

      それどころか、

      「なんでこの人、私の気持ちをわかってくれないんだろう。今は会いたいなんて思えないし、メールも嫌だって言っているのに・・・」

      と悲しい気持ちになるのではないでしょうか?

      人は心に余裕がなくなると、自分の気持ちを相手に押し付けることに必死で、相手の気持ちや様子を平気で無視してしまいがちになります。

      今のあなたもそうなってはいませんか?

      これではまるで目をつむって相手にボールを投げ続けているみたいなものです。

      相手があなたの方を向いてくれているのかどうかさえ、今のあなたには見えなくなっていることでしょう。

      相手があなたの方を向いていない時に、それに気づかず目をつむってボールを投げてしまえば、当然その相手からは嫌がられるはずです。

      相手に「好き」と伝えしまったことがダメなのではなく、相手が迷惑だと感じるタイミングで「好き」と伝えてしまったことにあなたがまるで気づいていない・・・

      その心の余裕のなさこそがダメなのです。

      ここがわからなければ、これからも相手と楽しくキャッチボール(コミュニケーション)をすることは難しいでしょう。

      ですが逆に言えば、あなたがそこさえわかり始めてくれたならば、お相手とのコミュニケーションが改善されていく余地は十分にあります。

      特に相手が男性であれば。

      なぜなら一般的に、男性たちは女性たちに比べると、その本質はとても大らかで優しかったりしますので。

      そして自分のことを、小さなことを気にしない器の大きな男だと思われたがっていたりもします。

      ですから、

      あなたが心に余裕を取り戻し、自分がどれだけ相手の気持ちを無視し続けていたのかに素直に気づくことさえできれば、その時はきっと彼もあなたのことを受け入れてくれるようになるでしょう。

      ちなみに、冒頭であなたが思い浮かべた「絶対に会いたくない異性」が、どんなふうに変わってくれたなら、あなたはその人にまた喜んで会いたくなるでしょうか?

      それをあなた自身が実践してみてください。

      お二人の関係を改善していくための最大のヒントになるはずです。

      よろしかったら、参考になさってみてくださいませ。

      ありがとうございました。

1 5 6 7

ピックアップ記事

%e9%8c%a0%e5%89%8d

2016.11.27

【お蔵入り動画】mp3音声バージョン

★YouTubeでの動画レンタル、ご購入はこちらから。★独自決済(PayPal、銀行振込)での音声のご購入はこちらか…

カテゴリー

過去の記事

ページ上部へ戻る