バレンタイン必勝法!

バレンタイン

 

※これは【バレンタインデーで失敗しないために】の続きの記事です。

 

テーマが「バレンタインデー」ということで、【片思い中の女性】向けに記事を書いていますが、すでに恋人やパートナーがいる方でも参考になる内容だと思いますので、よろしかったら最後まで読んでみてください。

 

さて、前の記事をおさらいすると、バレンタインデーで失敗しないためには【告白しない】【好きと伝えない】【(お返しを)期待しない】ことがとても重要になります。

 

そもそも告白しない限り振られることもありませんし、嫌なこと(お返しを期待したり)をしない限り自分に好意を持ってくれている女性を男性は悪く思わないものです。

 

つまり今、あなたは自分で思っているよりもはるかに優位な立場にいるのです(笑)。

 

それをわざわざぶち壊すような神風アタックはやめてください。

 

大切なのは、彼に一方的に「好きです」と伝えて交際を迫ることではありません。

 

大事なことなので繰り返しますが【男性は何も強要されることなく自分の意志で女性を好きになりたい】と思っていることを忘れないで下さい。

 

そのためには、彼がもっとあなたを好きになるように仕向けないといけません。

 

つまり、もっとエレガントに【誘惑】しないといけません。

 

バレンタインデーはそのきっかけづくりに最適な日だと言えます。

 

前の記事でもちょっと書きましたが、バレンタインデーで勝利をつかむためには、彼に対して【あなたに興味があるんです】と上手に伝えていくことが必要不可欠です。

 

そのための具体的なヒントをご紹介していきましょう。

 

■バレンタインデーに何をあげたらいいのか?

 

「バレンタインデーに彼に何を(どんなチョコを)あげたら喜んでもらえるのかわからない」とお悩みの女性も多いことでしょう。

 

その答えをお教えします。

 

【迷惑にならないモノ】なら何でもかまいません。

 

いきなりロマンチックじゃない答えで申し訳ありませんが、これはとても大事なことです。

 

基本的に男性は女性からプレゼントをもらいたいとは思っていないのです。

 

もちろん、何かもらえればそれなりに嬉しく感じたりもしますが、女性ほど感激したりはしません。

 

元々、男性は【与えることに喜びを感じる性】であり、女性は【受け取ることに喜びを感じる性】なのです。

 

ですから男性は、別に女性からいろいろと受けとりたくはないのです。

 

男性は欲しいものがあれば自分で手に入れたいと思っています。

 

その方が喜びを感じることができるからです。

 

女性からいろいろ受け取ってしまうと、むしろ「あなたは私に何も与えてくれてないわ、まだまだ足りないの、私が欲しいと思うものをあなたにあげるから、あなたはもっと価値のあるものをお返ししてちょうだいね!」という無言のプレッシャーを感じてしまい、とても嫌な気持ちになります。

 

男性たちの本音をわかりやすく言えば「お返しを期待するくらいなら、お願いだから何もしないでくれ!」です。

 

という訳で、あげるものは彼の【迷惑にならないモノ】なら何でもかまいません。

 

通常はちょっと高級なチョコレートなどが無難ですが、甘いモノが苦手な男性も多いですから、そういう場合はちょっと高級な下着や靴下などをプレゼントするといいでしょう。

 

夢のない言い方ですが、基本的に男性は女性から何をもらってもそれほどありがたくないのだということを忘れないでください。

 

男性にプレゼントを贈る場合は、ちょっと高級な【大したことのないモノ】を選ぶのがミソです。

 

「精一杯頑張ったけど非力な女の私じゃこれくらいのものしか用意できなくて」という気持ちが伝わるようなものなら最適です。

 

チョコであれ他のものであれ、デカくてかさばるようなモノは避けましょう。

 

小さくて可愛らしいほうが男性には喜ばれます。

 

それから、これは言うまでもないことですが、デカデカと「好きです!」とか「LOVE!」とか「本命です!」とか書かれているようなモノも避けましょう。

 

あなたが元々お菓子づくりが好きな女性ならば別ですが【手作りチョコ】も極力避けるべきです。

 

くどいようですが、できれば男性は女性から何もモノをもらいたくはないのです。

 

特にいろいろな「念」が込められているような怖いモノは・・・

 

それを忘れないで下さい。

 

■バレンタインデーに男性たちが欲しいモノ

 

男性は女性からモノをもらいたくないのだとご説明してきましたが・・・実はそんな男性たちにも、ノドから手が出るほど女性たちからぜひ贈られたいと願っているモノがあります。

 

それが【感謝】です。

 

知っていましたか?

 

実は・・・男性たちは、好きじゃない女性から【好きです!】と書かれた手作りの本命チョコをもらうよりも、【いつもありがとう!】と書かれた義理チョコをもらった方が嬉しく感じるものなのです。

 

私も義理チョコは意外と好きだったりします。

 

なぜなら、こちらはもらってもほとんど何のプレッシャーも感じませんし、その女性からのささやかな感謝の気持ちが伝わってきて、純粋に嬉しく感じるからです。

 

【異性としての好意】は自分が好きになった相手からしか受けとりたくないものですが、【感謝の気持ち】なら誰からでもできるだけ受け取りたいというのが男性たちの本音です。

 

ですから、ここからがとても重要なことなのですが、バレンタインデーで勝利をおさめたかったら、バレンタインデーを【愛を告白する日】ではなく【愛する人に感謝をする日】のように考えてみてください。

 

「それじゃあ、まるで父の日や母の日や敬老の日なんかと同じじゃないですか?」

 

はい、その通りです。

 

【父の日】と同じようなものだと思ってください。

 

試しに「お父さん、いつも私たち家族のために一生懸命働いてくれてありがとう!」というノリで「~さん、いつも私たち女性社員のことを一生懸命気遣ってくださってありがとう!ささやかですがお礼の気持ちです!」などと彼に感謝してみてください。

 

きっとあなたがビックリするくらい喜んでくれるはずです。(顔には出さないと思いますが)

 

【好きと伝えずに感謝の気持ちを伝える】

 

実はこれこそがバレンタインデー必勝法!なのです。

 

まだ好きじゃない女性から好きと言われたら困ってしまう男性も、まだ好きじゃない女性から感謝されることは素直にとても嬉しく思うのです。

 

そしてここからがさらに重要なことですが、あなたが彼に感謝するということは「私はあなたに助けてもらいました、そしてそれをとても嬉しく思っています」というメッセージを彼に伝えるのと同じ効果があります。

 

女性は自分のことを一番助けてくれた(あるいは、助けてくれそうな)男性を好きになります。

 

それとは逆で【男性は自分が一番助けてあげた(あるいは、助けてあげられそうな)女性を好きになる】のです。

 

ですから、あなたが彼に感謝をすればするほど、彼はあなたのことを好きになっていきます。

 

しかも異性として好意を伝えている訳ではないので、彼は逆に(こんなに感謝してくれるなんて、彼女はもしかして俺のことが好きなのかな?)とあなたのことが気になり始めます。

 

あなたが彼に感謝をすればするほど、彼のこの疑念はさらに大きく膨らんでいき、やがて・・・

 

(やっぱり彼女は俺のことが好きに違いない・・・いや、でも、みんなに優しい女性だしな、俺の勘違いかもしれないし・・・ああ、何だか最近、彼女のことばかり考えているな・・・あれ、もしかして俺は彼女を好きになり始めているのか?)となっていく訳です。

 

どうですか? これこそ、あなたが本当に望んでいる展開ではないですか(笑)?

 

という訳で、バレンタインデーは【愛する人に感謝をする日】なのだと思ってみてください。

 

ほとんどの女性はバレンタインデーと言えば一方的に自分から好きと伝えて男性を振り向かせる日みたいに思っていますから、あなたがこれを実行すれば、それだけで彼に「おや?」と思わせることができるはずですよ。

 

■具体的な方法

 

では、具体的にはどんなことをすればいいのか?

 

鍵となるのは【メッセージカード】です。

 

「チョコは脇役、カードが主役」と覚えておいてください。

 

ちょっとしたメッセージカードや便箋に、彼に対する日頃の感謝の気持ちを簡単に綴って同封するといいでしょう。

 

もちろん手書きです。字が下手でもかまいません。

 

もうお付き合いをしているような場合や、友人、知人としての関係が長いような場合は長文のメッセージでもかまいませんが、まだあまりよく知らない相手には短めの文章の方がいいでしょう。

 

連絡先を知らない相手には、文末に自分の名前とメールアドレスをさり気なく書いておくことを忘れないでください。

 

【追伸:チョコレートお口に合いましたか? もしよかったら食べてみた感想など教えてくださると嬉しいです!】などと書いておけば、お相手からメールが来る可能性も高まります。

 

すでにある程度よく知っている仲ならば、

 

【追伸:ホワイトデーにはご飯でもおごってください、期待してまーす! なんちゃって(笑)】などと書いておけば、お相手からデートの誘いが来る可能性もあるでしょう。

 

「感謝と言ってもどんな風に感謝したらいいのか・・・」と戸惑っている方はこのブログのコメント欄を見てください。

 

ありがたいことに、いろんな方が私の書いた記事に感謝してくださっています。

 

こんなノリでいいのです。

 

別に変なテクニックを使って難しいことを書く必要はありません。

 

あなた自身の言葉で彼に対する感謝の気持ちを素直に伝えましょう。

 

よく思い出してみてください。

 

何か感謝したいことがあるからこそ、あなたは彼を好きになったはずです。

 

もし、彼に対して感謝の言葉が何も思い浮かばないと言うのなら・・・それは、残念ながら本物の恋ではないと思いますよ。

 

それからもう一度言いますが、相手がすでにあなたを異性として意識しているような場合をのぞいては、絶対に【好き】という言葉を使ってはいけません。

 

好きと言わずに好意を伝えていき、相手の中であなたへの気持ちが自然と育っていくように仕向けるのが、恋の必勝法です。

 

覚えておいてくださいね。

 

■注意点

 

バレンタインデーには【好きと伝えずに感謝の気持ちを伝える】。

 

これこそがリスクもなく彼に好意を伝えるのに効果的だというのは何となくわかってもらえたと思います。

 

もちろん、やるやらないはあなた次第ですが、よかったら参考になさってみてください。

 

最後にいくつか注意点を書いておきますね。

 

・渡すときは直接渡す!

 

「ロッカーにこっそり」「カバンにこっそり」「郵送でこっそり」・・・そんな姑息なことはやめましょう。

 

私は以前、友達の代理で来たと言って私にチョコレートを渡しに来てくれた女の子を好きになりかけたことがありました(笑)

 

チョコレート一つ渡せないような相手とお付き合いができるわけがありません。

 

【好き】と書かれたチョコレートを渡すのは恥ずかしくても、【ありがとう!】と書かれたチョコレートを渡すのはそんなに恥ずかしくないはずです。

 

それでも直接渡せないようなら・・・その人とは縁がありません。すっぱり諦めましょう。

 

・モテる男子には一日遅れで渡す!

 

相手がモテる男性の場合は、あなたのチョコレートは他の女性のものに紛れてしまいます。

 

それだとインパクトに欠けます。

 

ですから、あえて一日遅れで渡しましょう。実はそのほうが効果的です。

 

一日遅れで渡すことで、もしも彼があなたに対してすでに好意を抱いているような場合でも(あれ? 彼女は俺にくれないのかな?)とヤキモキさせることができます。

 

・ホワイトデーは存在しない!

 

「お返し」のことはキッパリと忘れましょう。

 

ホワイトデーのことを気にしていると確実にそれが彼に伝わります。

 

「何もお返ししてくれなくても感謝の気持ちとして彼にプレゼントをしたい!」と本心から思える時にだけチョコを渡してください。

 

それでなければ効果がありませんので。

 

■最後に

 

バレンタインデーに関する記事は書きたくないとか言いながら、なぜだかいつも以上に長文になってしまいました。

 

そして「何気にモテる男アピールをしているところが嫌らしいですね!」と思われたかもしれませんが・・・まあ私にもそんな時代があったということです(笑)。

 

ですが、今回ご紹介した方法は単にバレンタインデーだけではなく、クリスマスや、お相手の誕生日などにもつかえる方法です。

 

女性から男性にアプローチするやり方も何となくおわかりいただけたのではないでしょうか?

 

よかったら参考になさってみてくださいね。

 

それでは、素敵なバレンタインデーを!

 

■恋愛相談のお申し込みはこちらをクリック!

☆「あなたの恋を叶える7つの魔法」を無料プレゼント中です!
7kara@westwitch.info に空メールを送ると手に入ります。

【恋愛ブログランキング!】←参考になりましたら応援お願いいたします!


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (78)
    • FN
    • 2012年 2月 19日

    ヨシツグさん、いつもお世話になっております♪
    またまた、ズバリ!!のご指摘ありがとうございます。

    そうなんです、彼との遠距離恋愛の中で、Hが出来ないっていうのは
    結構大きな事なんですよね。はい、彼とのなかで何が不満かって言われたらHも含め、
    スキンシップが取れないって事です。
    もちろんHしたいな~って思いますが、それよりもぎゅ~って抱きしめてもらって
    頭なでなでしてほしい・・そんな感じです。

    はい、周りの友人達が持っていて、彼がないもの・・。
    それを彼が手に入れることが出来たら、まさに私の理想の男性になります!
    嬉しいなぁ~。彼を育てるような感じで、楽しみたいと思います。

    PS:先日の男友達と楽しく食事をしてから2日経ちましたが、
    偶然かもしれないんですが、彼からのメールがこの2日間、すっごくスィートなんです。
    彼がどれだけ私のこと想ってるか、今日もずっと考えていたよ・・・
    何度も写真を見てたよ・・・私のこと、どれだけ大事か・・など私が照れちゃうくらい、
    熱いメッセージが書かれてるんです。

    私の中の男性性と女性性がだんだんバランス良くなってきた証拠なんでしょうかねぇ?
    これだけ反応がいいと、嬉しくなっちゃいますね♪
    ますます、バランス良くしよう!って思います。

    ヨシツグさん、本当に役立つアドバイスを、ありがとうございました!!

      • yoshitsugu
      • 2012年 2月 20日

      FNさん、コメントありがとうございます。

      FNさんが【自分の欲求を自由に開放してあげると、彼はもっと自由にあなたを愛することができるようになる】ということを覚えておいてくださいね。

      最後の一線だけは越えないように気をつけつつ、ぜひこれからも自由に他の男性と遊んでみてください。
      離れれば離れるほど絆が強くなっていく・・・それが本物のパートナーシップなのです。

      これからも頑張ってくださいませ~。

    • わかば
    • 2012年 2月 19日

    ヨシツグさん、こんにちわ!
    お天気のいい日曜日の昼下がり、気持ちいいですね!
    お返事ありがとうございました。

    確かに前みたいに動揺して取り乱すということがなくなりつつあります。
    前よりはどーんと構えていられるといいますか。

    ここ最近はメールのやり取りと言えどわりと雰囲気よく楽しくやり取りができていて、
    気持ちが通じ合っている感じがして嬉しく思っていました。

    それが昨日はいきなりなんかテンション上がってない感じの返答しか来なくて『ええー?!』って感じに
    陥っていました。

    でも別に私は何もしてないし、こういうときはほっといたほうがいいんだろうと思いそうそうにメールを私から打ち切り寝たふりをしていました笑。

    少し動揺しましたけどね、前よりは気になりませんでした。

    そうしたら朝また普通に『行ってきます』メールが来ました。

    なんか自分が不安に思ってることがよく夢に出て来るんです、私。

    今何を一番不安に思ってるかはこの前お会いしたときに話した内容から変わってないんですが(笑)不安というか実現してしまってたら一番恐怖だなって思うことですね。

    かなりリアルな感じで夢に出て来て、現実と混同するっていう。
    で、目が覚めて、あーよかった、夢か〜みたいな。

    夢に出て来ちゃうってことはまだまだ不安が大きいってことですよね。

    昨日は数年会っていない地元の友達のことをふと思い出していたらなんと一年ぶりにその子から『元気ー?』ってメールが来ました!会いたいけどなかなか会えないねー遠恋みたいだねーって(笑)

    おお!思いは通じてるなぁって思いました。

    きっと彼とも以心伝心なんですよね!

    旅行中は不安な顔をしたり、ネガティブな発言を彼の前ではしたくないので、その予防策として『この人は私にぞっこんなんだー!』と思い込んでしまおうかと思ってるんですが(笑)それって大丈夫でしゅうか(笑)!?

    痛いことにならないかなってちょっぴり不安。。

    そうそう、実はこのコメント、フレッシュネスでオーガニックコーヒー飲みながら書いてます。

    ヨシツグさんオススメコーヒー、かなり美味しいですね〜!

    美味し(*^^*)

      • yoshitsugu
      • 2012年 2月 20日

      わかばさん、コメントありがとうございます。

      夢の内容というのは、良いものであれ悪いものであれ、あまり気にしない方がいいですよ。
      気にするとどんどんその通りになっていったりします。

      夜寝ている間に、潜在意識が不安を吐き出して勝手に解消してくれているのだと思ってみてください。

      旅行中は何も考えずに素直に楽しむのが一番ですが、もしも彼の前で不安な顔をしてしまったり、ネガティブな発言をしてしまっても【気にしない】でください。
      そんなのはよくあることですから(笑)。

      うまく行く二人はどんなに険悪なムードになっても最後はやっぱりうまく行くものです、それを信じていい気分も悪い気分も、もっと気楽に楽しみましょう。

      大事なのは、わかばさんが彼と離れている間に「そう言えば、フレッシュネスのオーガニックコーヒーが美味しかったよ!」と新しい体験をしていたりすることです。

      男性にとっては、これが凄く大きな魅力に感じるのです。

      二人が会うたびにお互いが新しい体験をしていていたり成長していたりする関係、男性はみんなそれを求めています。
      だから、しばらくぶりに会うのにまるで変化のない女性というのは、男性にとってとてもつまらないものなのです。

      彼と一緒にいようがいまいが自分の人生を思いっきり楽しんでいる女性・・・そんな女性がいたら男性たちは決して放おっておきません。

      なので、彼と会うまでの時間もたっぷり楽しんでおいてくださいね。

    • FN
    • 2012年 2月 18日

    ヨシツグさ~~ん!!!
    またまた、すごい爆弾放り込んできましたネ(笑)!!

    >【もしも彼氏がいなかったら、私はこの誘いに乗るだろうか?】
    >その時出てくる答えがFNさんの本心です。
    >彼氏さんを言い訳にして自分の気持ちにウソをついてはいけません。

    素直に答えていいんだとしたら、私はいろんなお誘いに乗っちゃいますよ!
    だって、私の周りの男友達はみんな素敵なんです。
    話してて面白いし、飽きません。時間が許す限り、みんなと飲んでいたい気分です。
    でも私達は遠距離恋愛なので、彼が見えないところで男友達と飲み会、という行為は
    彼に対して申し訳ない、という理由で控えてきました・・。

    >これからは「どうすべきか?(思考)」ではなく「どうしたいか?(感情)」で動くようにしましょう。
    >心を開くというのは、自分の感情にどれくらい正直になれるか、ということなのです。

    ・・そんな・・!!
    自分の感情に正直になっちゃったら私、みんなとHしたいですよ!(爆)
    私の友人達は、本当にみんな素敵で、かっこよくて、性的魅力もあります。
    みんな、自慢の友達なんです。
    私が感情で動いちゃったら、きっと動物園みたいになっちゃいます(笑)。

    あれ?なんか私、路線ズレましたか?恥ずかしいこと書いてません??

    でも正直なところ、私の本心って、実はもっとズルい(彼とは違う人ともHしてみたい、
    もし彼が居なかったら、もっと遊びたい)って事が判明してしまいました。(恥)
    いや~~ん。こんな公の場で暴露しちゃいました。

    ヨシツグさん、どうしましょ・・・。

      • yoshitsugu
      • 2012年 2月 18日

      FNさん、コメントありがとうございます。

      【みんなとHしたい】

      別にいいではありませんか(笑)。それがあなたの素直な気持ちなのです。
      まずはそんな自分を素直に認めることこそが大事なのです。

      何かを我慢しているような関係というのは決して長続きしません。
      今のFNさんがそういう気持ちになってしまうのは、遠距離ということもあるでしょうが、彼とのセックスに満足できていない証拠なのです。

      実は、あなたが【彼との関係では得られない】と勝手に思い込んでいるものが他の異性に投影されます。
      それが何なのか気づくためにもっと他の男性と会いましょう、と私はオススメしているのです。

      ほとんどの女性が自分のパートナーには【無条件の愛(父性)】を第一に求めています。

      ですが、お父さんとセックスする訳にはいきませんよね(笑)?
      ですから、気がつくといつの間にかパートナーとはセックスレスになり、セックスやロマンスの相手には別な人を求めてしまうのです。

      これがセックスレスと不倫(浮気)が始まるメカニズムです。

      つまりパートナーのことを好きになればなるほど別の男性に性的な引力を感じてしまうようになる・・・という訳ですね。
      この辺のことはとっても奥が深くて複雑なので、いずれまた記事に詳しく書きたいと思います。

      さて、それではFNさんは具体的にどうしたらいいのか?

      自分の欲求に素直に従って動物園状態をエンジョイしちゃいましょう! 

      ・・・とは、さすがの私も言いません(笑)。

      ではどうするのかというと、そのカッコイイ男たちと自由に会い、そこで生じた自分のセクシャルなエネルギーを彼らに向けてしまうのではなく、パートナー(彼氏)に向けるようにするのです。
      つまり、そのカッコイイ男たちと会ってセクシャリティ(性欲)が高まるたびにそれをグッと溜め込んで、彼氏と会った時にそれをぶつけてもの凄くいいセックスをしなさい、ということです。

      そのカッコイイ男たちから【彼氏がまだ持っていない魅力】をどんどんもらって、彼氏にそれをどんどんプレゼントしていくようなイメージです。
      これができるようになると、あなたの彼は男としてどんどん育ってセクシーになっていきます。

      ・・・まあ、これはちょっとスピリチュアルなノウハウなので、にわかには信じられないかもしれませんが(笑)

      ですが、ちょっと想像してみてください。
      そのカッコイイ男友達たちが持っている【彼氏がまだ持っていない魅力】が全て彼氏に備わったら・・・それこそあなたの理想の男性ではないですか?

      いろいろ書きましたが【他の男性ともっともっと自由に遊ぶ、だけどセックスするのは彼氏だけ】ということを実践すればそれでいいのです。

      ぜひ試してみてください。

    • ミニブタ主婦
    • 2012年 2月 18日

    ヨシツグさん、こんにちは。
    ブログや皆さんのコメントを読ませて頂きました。
    その中で自分の気持ちを探りながら思ったことがあります。

    私は、「理想的な男性」を「恋人ないしは旦那」にしているという状態を望んでいるようです。

    もちろん、自立と依存のバランスや愛情の育て方などには日々共感しております。

    でも、いくら愛情があって、彼の愛情に支えられていても、「彼氏彼女の契約がない」状態や、平均初婚年齢を過ぎても「入籍していない」状態はダメだと考えてしまいます。

    私は今年30歳になりますが、旦那に愛情を持つとしたら、それは「結婚している」為に出来ることです。27歳を過ぎてからは、結婚していない=恥ずかしい、惨めという思いがありました。
    若い頃は、彼女という地位と特権故に、相手に思い遣りを示すことができました。

    でも、本当は私と同世代の未婚カップルでも、お互いに理解と愛情を示して共存していれば問題ないのかな?と思いました。
    私は結婚=恋愛の勝者と考えていましたが、恋愛の質次第では、未婚カップルが夫婦を凌ぐこともあるのですね…

    未だにモヤモヤしています。

    あと、恋愛を極めたらお金や仕事や人間関係がよくなる…とはどういう現象なのでしょうか?
    こちらもモヤモヤしています。

      • yoshitsugu
      • 2012年 2月 18日

      ミニブタ主婦さん、コメントありがとうございます。

      「彼氏彼女の契約がない」状態や平均初婚年齢を過ぎても「入籍していない」状態をダメだと感じてしまうのは、【彼女】でもなく【入籍】もしていない自分には何の価値もないとあなたが勝手に思い込んでいるためです。

      資格や肩書きがないと不安で自分に自信が持てない人たちと同じです。

      【彼女】になったから自分には価値がある、【入籍】しているから自分には価値がある・・・そんなものは幻想にすぎません。
      それらの条件を満たしているのに未だにモヤモヤしているあなた自身がそれを証明しているではありませんか!

      幸せになる条件を自分で勝手に決めてしまった時から人は不幸になり始めるのです。
      そんなものはさっさと捨ててしまいしょう。屁の突っ張りにもなりません。

      【結婚=恋愛の勝者】でないことは、ウエストウィッチに恋愛相談に来る女性の半数以上が既婚者だということを見ても明らかです(笑)

      そもそも恋愛に勝ち負けなどありません。
      あなたは自分を誰と比べているのですか? 誰と競争しているのですか?

      他のカップルのことなど放おっておいてください。
      それよりもっと自分とパートナーとの関係に夢中になりましょう。

      二人の関係に夢中になれず他の人たちが気になってしまうのは、あなたがその関係を楽しんでいない何よりの証拠です。
      一体誰のために恋愛や結婚をしているのですか?

      もっと楽しんでください。
      もっと幸せを感じてみてください。

      私たちは恋愛を通して【与えること(男性エネルギー)】と【受け取ること(女性エネルギー)】のバランスを学びます。
      全てのことは繋がっています、お金も仕事も健康も人間関係も。

      これらで成功をおさめることができるかどうかは、その分野で【与えること】と【受け取ること】がどれだけ上手にできているかにかかっているのです。
      恋愛(男女関係)はその人の人生がうまく行っているかどうかのバロメーターでもあるのです。

      その辺のことはこれから徐々に記事として書いて行こうかとも思います(長くなるので)。

      ただ、今一つ言えることは、ミニブタ主婦さんはもっともっと【受け取る】必要があります。
      求めてはいけません、来たものをただ喜んで受け取るように心がけましょう。

      【受け取る】というのは、自分がもらったものをちゃんと味わうということです。

      開けもしないプレゼントの箱の数だけをただ増やすような生き方はもうやめましょう。
      あなたはもうすでに十分もらっているのですから。

      そろそろ、自分がもらったプレゼントの箱を開けて素直に喜んでみませんか?

      • ミニブタ主婦
      • 2012年 2月 19日

      ヨシツグさん、返信をありがとうございます。

      本当にそうです。
      自分に自信が持てなくて、武装手段として恋愛しています。あと、恋愛がもたらす刺激や甘さに依存していると思います。

      若い頃は完全に自分の命令通りの恋愛だったので、余計にそう思うのでしょう。

      私にとって、恋愛のゴールとは、「目的の相手を思うように振り向かせた、テクニックのある自分」になることでした。
      そんな能力の象徴として、肩書きにこだわっていました。

      でも、ヨシツグさんのレスを読み、本当のゴールというのは自立と依存のバランスということに気付かされました。
      自立と依存の細かい営みが細く長く続いていくことが大切なのでしょう。

      ふたを開けていないプレゼントというのも、まさに私の状態です。

      ひとつひとつ、大切にしていきたいです。

      • yoshitsugu
      • 2012年 2月 20日

      ミニブタ主婦さん、コメントありがとうございます。

      うまく伝わるかどうかわかりませんが・・・私の好きな言葉をお教えします。

      【踊る阿呆(アホウ)に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損々】

      他の人の踊りを見て気にしているヒマがあったら、もっと自分自身が踊って楽しみましょう。
      他の誰かに認めてもらうために生きるのではなく、もっと自分の喜びのために生きましょう。

      人生は短いのです、楽しんだモノ勝ちです。
      どうぞそれを忘れないで下さいませ~。

    • みかん
    • 2012年 2月 18日

    ヨシツグ先生!お返事ありがとうございます♪蒔いた種から芽がでるように、ゆっくり頑張ってみようと思います!メールが返って来た、来ないで一喜一憂してます(笑)単なる友達ならメールしたことすら忘れて気にもならないんですけどね(笑)片想いの醍醐味ですかね(^-^;
    勇気と元気をいつもありがとうございます♪
    これからも更新楽しみにしています!

      • yoshitsugu
      • 2012年 2月 18日

      みかんさん、コメントありがとうございます。

      でしたら、【彼が単なる友達だったら、私は今どう感じるだろう?】と思うクセをつけてみてください。
      片思いの彼をただの友達のように扱うのが彼との関係を進展させる鍵です。

      幸運をお祈りしています!

ピックアップ記事

カスタマーセンター

2016.9.16

有料コンテンツご購入時のメールが届かない方へ

動画をアップするたびに、「動画を見ているうちにいろいろ気がついて問題が解決してしまいました。セッションの予約はキャンセルしてくだ…

最近のコメント

カテゴリー

過去の記事

ページ上部へ戻る