許せないあの人を許したくなる方法


許せないあの人を許したくなる方法【YouTube動画】

 

※ 音声が小さくて聞き取りづらい時は、静かな場所でイヤフォンやヘッドフォンをつかってご視聴ください。

 

■この動画のポイント

 

「人は鏡のようなものです。だから、あなたが変われば相手も変わるのです」というようなことを、繰り返し繰り返しこのブログでは伝え続けてきました。

 

【人は鏡】というようなメッセージ自体は、今ではわりとポピュラーで、スピリチュアル系のブログや書籍では必ずと言っていいほど語られているトピックだったりもします。

 

が、意外と見落とされがちなことは、あなたにとって相手が鏡のような存在であるのと同じく、相手にとってもまた、あなたが鏡のような存在だということです。

 

このことが少しでも理解できるようになってくると、誰であれあなたが「許せない」と思っている人に対して、印象がだいぶ変わってくるはずです。

 

試しに、あなたが今「あの人、絶対許せない!」と思う人との「あれは絶対許せない!」と思える出来事をリアルに思い浮かべてみてください。

 

ただし、第三者視点(客観的な視点)でイメージしてみるのがコツです。

 

そして、その時あなたが居た場所に、等身大の大きな姿見(鏡)を置いてみてください。

 

あなたが許せないと思うその人が、あなたにではなく、鏡の中に写ったその人自身に向かってひどい言葉を投げかけたり、ひどいことをしている姿をありありと想像してみてください。

 

さて、客観的な視点でそれを見たあなたは・・・どう感じるでしょうか?

 

もしも被害者(あなた)がそこに居なかったら、加害者(許せない人)のしているその許せない行為が、客観的な立場のあなたにはどんなふうに見え、どんな風に感じるのか、ということを体感していくのがこのテクニック(イメージワーク)のポイントです。

 

【相手の立場に立って考える】という言葉がありますが、実際にはいくら考えてみたところで相手の気持ちなんてわかりませんし、共感することもできないはずです。

 

なぜなら、気持ちというのは【考える】ものではなく【感じる】ものだからです。

 

ですから、本当は【相手の立場に立って感じてみる】ということがとても大切なのです。

 

あなたを傷つけた人の立場に立って【考える】のではなく、あなたを傷つけた人の立場に立って【感じて】みることで、今まで全く見えなかったその人の気持ちが少しは見えてきたりするはずです。

 

大切なことなので繰り返しますが、もしもそこにあなた(被害者)がいなかったら、あなたが許せないと思っているその人(加害者)のその許せない行為を・・・あなたはどのように感じるのでしょうか?

 

知らず知らずのうちに、自分で(鏡の中の)自分自身を罵倒し、蔑み、痛めつけているその人の姿を見て・・・あなたはどのように感じるのでしょうか?

 

その人自身も気づいていないであろう孤独や悲しみや痛みのようなものを少しでも感じることができたなら、きっと、あなたの中のその「許せない!」という思いにも少しは変化が訪れるはずです。

 

とってもシンプルで簡単なテクニック(イメージワーク)ですから、ご興味あったらぜひ試してみてくださいませ。

 

■補足

 

これはちょっと上級者向けになりますが、もしも可能ならば第三者視点ではなく、加害者(許せない人)の視点で、鏡の中のその人自身に向かってその許せない行為をしているところのイメージをしてみ てください。

 

当然ですが、主観的な視点でイメージしてみた方が、より強くその人の気持ちに感情移入できます。

 

その人があなたを傷つけてしまった時、本当はどんな気持ちでそれをしていたのか、今のあなたにはまだ見えていない真実が見えてくるかもしれませんよ。

 

 

■恋愛相談のお申し込みはこちらをクリ ック!

☆「あなたの恋を叶える7つの魔法」を無料プレゼント中です!

7kara@westwitch.info に空メールを送ると手に入ります。

【恋愛ブログランキング!】←参考になりましたら応援お願いいたします!

■関連記事


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (7)
    • marumaru
    • 2015年 9月 10日

    ヨシツグ様

    いつも更新を楽しみにしています!
    チェックして更新されていたら「今日はラッキーな1日になりそう」と、嬉しくなりますよ〜。

    いま仕事で、双方の誤解から、私自身が「許せないほど恨まれている側」になってしまい、そこから波及する人間関係に悩んでいるので、とても参考になりました。
    私を恨んでいる人の気持ちも、「自分への投影なのかな」と、漠然とは理解していたのですが、具体的に動画や文章で書いていただくと、より理解できました。

    仕事の内容や、それに伴って人付き合いが変わり、これまでやってきた人とのコミュニケーションの方法では、どうも上手くいきません。
    どこが良くなかったかを反省して、変わろうとしているのですが、なかなかです。
    気を遣いすぎて、どうしたらいいか分からなくなり、混乱することも。
    トラブルが生まれがちな、自分とは合わないと感じる関係から距離を置いたほうがいいのか、それとも理解する努力をし続けた方がいいのか、仕事仲間に相談しながらも、迷う日々です。

    ヨシツグさんの記事は、恋愛のことだけではなく、仕事でも多いに参考にさせてただいています!
    「愛を受け取る」「相手と復縁したいときは自分自身に集中する」などは、仕事でも大事だと思いました!
    (いまの仕事の悩みも、ある意味「復縁」と同じで、自分自身に集中する方法が有効なのかもしれないとも考えています)
    これからも更新楽しみにしています!!

    marumaru

    • おとうふ
    • 2015年 9月 09日

    こんばんは^^いつも更新楽しみにしています。

    私の付き合っていた彼は、元彼女とよりを戻して私と別れました。
    結局はその彼女ともすぐ別れてしまったみたいで、それからずるずると中途半端な関係が続いています。
    彼と会っている時は、楽しいし、いいのですが、会っていない時やちょっとした瞬間に
    「一緒にいても結局、彼女にはしてくれない」「都合のいい時だけ利用されている」
    という気持ちが沸いてきて、彼の事が憎くなる時があります。

    もちろん彼から強要されているわけではなく、私も好きだから会っています。
    だから一方的に彼の事を責めるのは間違いという事も分かっています。嫌なら会わなければいいので。
    でも、好きな気持ちもあるからこそ、その気持ちを利用されていると思ってしまいます。

    この方法を試したいのですが、いまいち上手くイメージが出来ません。
    ひどい事を言われたわけではなく、会っている時は、私を楽しませようとしてくれるからです。
    でもやっぱりどこかで、元彼女を選んだ彼、私と誠実に向き合ってくれない彼が許せない自分もいます。
    私はこんなに大切に思っているのに、一緒にいて楽しいはずなのに、どうして私を選ばないのか?
    など、傲慢にもそんな風に考えてしまいます。
    私といる事が彼にとって一番の幸せではないんだろうという事は分かります。
    私も彼にとって一番でなければ、今は楽しいかもしれないけど、未来がないし、むなしいです。
    だとすれば、もう彼の事は突き放した方がいいのでしょうか?

      • ヨシツグ
      • 2015年 9月 09日

      ※現在はコメントへの返信は控えさせていただいておりますが、他の方も気になる内容かもしれませんので、簡潔にお答えいたします。

      このイメージワークをつかっても効果がないのはそこに「あなた」がいるからです。

      被害者としての「あなた」が消えた感じがしなければ、いつまでたっても相手の気持ちに共感することはできないでしょう。

      そして、相手の気持ちに共感できないのであれば、相手もまたあなたの気持ちをわかろうとはしてくれないでしょう。

      しつこいようですが【人は鏡】のようなものです。

      彼があなたを選ばない理由は、本当はあなたも彼を選んでいないからです。

      彼の今の気持ちが知りたければ、以下の文章を読んでみるとよいでしょう。

      あなたのコメント文を彼の立場から置き換えてみたものですが、彼があなたに対して今どう感じているのか、少しは見えてきませんか?

      今、お二人が心の底ではお互いに対して同じような気持ちを抱いているのだということが少しでもわかれば、あなたの彼に対する一方的な見方も変わってくるはずです。

      よかったら参考にしてみてください。

      ありがとうございました。

      【俺】の付き合っていた【彼女】は、【空想上の理想の彼氏】とよりを戻して【俺】と別れました。

      結局はその【空想上の理想の彼氏】ともすぐ別れてしまったみたいで、それからずるずると中途半端な関係が続いています。

      【彼女】と会っている時は、楽しいし、いいのですが、会っていない時やちょっとした瞬間に「一緒にいても結局、【本当の彼氏】にはしてくれない」「都合のいい時だけ利用されている」という気持ちが沸いてきて、【彼女】の事が憎くなる時があります。

      もちろん【彼女】から強要されているわけではなく、【俺】も好きだから会っています。

      だから一方的に【彼女】の事を責めるのは間違いという事も分かっています。嫌なら会わなければいいので。
      でも、好きな気持ちもあるからこそ、その気持ちを利用されていると思ってしまいます。

      この方法を試したいのですが、いまいち上手くイメージが出来ません。
      ひどい事を言われたわけではなく、会っている時は、【俺】を楽しませようとしてくれるからです。
      でもやっぱりどこかで、【空想上の理想の彼氏】を選んだ【彼女】、【ダメなところもある本当の俺】と誠実に向き合ってくれない【彼女】が許せない自分もいます。

      【俺】はこんなに大切に思っているのに、一緒にいて楽しいはずなのに、どうして【本当の俺】を選ばないのか? など、傲慢にもそんな風に考えてしまいます。

      【俺】といる事が【彼女】にとって一番の幸せではないんだろうという事は分かります。

      【俺】も【彼女】にとって一番でなければ、今は楽しいかもしれないけど、未来がないし、むなしいです。
      だとすれば、もう【彼女】の事は突き放した方がいいのでしょうか?

    • くろねこ
    • 2015年 9月 06日

    ありがとうございます。

    実際に 動画を視ながら
    イメージしてみました

    かわいそう…自分から逃げてる…
    相手が とてもちっぽけに見えました

    これからも人生の中で
    色んな人と関わることがあると思います
    仕事でも恋愛でも友人 家族
    ふとした事で 傷付く事もあると思いますが
    相手が何を思ってそうしたか までは
    見難くても
    かわいそう とか 感じるだけで
    少しでも角度を変えて 行けそうです

    • ゆり
    • 2015年 9月 06日

    失礼しました。

    復縁を全くしたいと思わないので、内容に興味を持てずにいました。

    過去の恋愛はすっかり整理ができており。憎しみなども全然なく。すでにもう、元カレのことなど全然考えずに暮らしています。

    ふった側の女性はそんなものなのかもしれません…

    明るい気持ちがさらに明るくなるような題材を待っています!

    • ゆり
    • 2015年 9月 04日

    元彼と復縁をしたいとも思わないし、許せない大嫌いな人もいません。
    今の彼にもっともっと愛されたいです。
    そういう記事を待っています!

      • ヨシツグ
      • 2015年 9月 04日

      ※現在はコメントへの返信は控えさせていただいておりますが、他の方も気になる内容かもしれませんので、簡潔にお答えいたします。

      実は、復縁に関する記事にも、許せない人に関するこの記事にも「今の彼にもっともっと愛される」ためのヒントがちゃんと語られています。

      というより、タイトルや切り口がどうであれ、このブログの記事は全て「今の彼にもっともっと愛される」ための内容だと言ってもいいほどです。

      事実、人によっては復縁に関する記事や許せない人に関する記事の内容を参考にして、今の交際相手との関係を改善できている人もいっぱいいます。

      (実際に、そのようなお礼のメールもいくつかいただきました)

      そのことがわからなくなってしまっている・・・ということは、今のあなたは心に余裕がなく、とても視野が狭くなってしまっている証拠です。

      そのような時、人はついつい、【自分の状態を変えることなく相手だけを自分の思い通りに変える】ような、そんな都合のよい小手先のテクニックやノウハウなどを求めてしまいがちです。

      私も経験者なので、その気持ちはとてもよくわかります。

      が、このブログで何度もお伝えしてきたように、そんなものはないのです。

      あなたが変われば、相手も自然と変わります。

      が、あなたが変わらなければ、相手もまた変わらないのです。

      そのあたりのことが本当にわかってくれば、あなたと彼との関係は自然にもっとよくなっていくことでしょう。

      これが何かのヒントになってくれれば幸いです。

      ありがとうございました。

ピックアップ記事

2016.9.16

有料コンテンツご購入時のメールが届かない方へ

動画をアップするたびに、「動画を見ているうちにいろいろ気がついて問題が解決してしまいました。セッションの予約はキャンセルしてくだ…

カテゴリー

過去の記事

ページ上部へ戻る