彼からもっと愛されるためには?その2

キス2

 

※これは【彼からもっと愛されるためには?その1】の続きの記事です。

 

 

■おさらい

 

まずは、前回のおさらいです。

 

前回の記事では、彼からもっと愛されるためには【もっと自分を愛すること】が必要不可欠なのだということをお伝えしました。

 

つまり、自分を好きになれない人は、意中の彼からはもちろん、誰からも好きになってもらえないということですね。

 

これは人間関係に関する大きな秘密の一つですが・・・

 

人は【あなたがあなた自身をどう扱っているかを見て、無意識的にそれと同じ態度をあなたに取っています】

 

つまり、あなたが自分自身を高貴なお姫様のように大事に扱っていれば、彼も自然とあなたを高貴なお姫様のように大事に扱ってくれるようになるということです。

 

その逆に、もしも今あなたが自分自身を「どうせ私なんてつまらない女だから・・・」と卑下しているのであれば、やはり彼からも「どうせ彼女はつまらない女だしな・・・」と思われてしまうということです。

 

ですから、彼にもっと大事に扱ってもらいたいのなら、まずはあなたがあなた自身をもっと大事に扱うように心がけることが何よりも大切なのです。

 

では、もっと自分を大事に扱う、つまり、もっと自分を愛するためにはどうしたらいいのか?

 

それには、愛を【与える】ということよりも、愛を【受け取る】ということをもっと強く意識をする必要があります。

 

なぜなら、ベラさんのように恋愛依存(片思いを含む)の状態にある人というのは、愛を【受け取る】ということがとても苦手だからです。

 

なぜそのようになってしまったのかについては、前回の記事を参考にしてみてくださいね。

 

ともあれ、恋愛依存の傾向が強い人たちは、とにかくこの【受け取る】ということがとても苦手です。

 

実はこれこそが、自分を愛せない、そして、彼から愛してもらえない(と感じてしまう)元凶なのです。

 

彼は彼なりのやり方で一生懸命あなたに愛を与えてくれているのに、自分の思い込みやルールに縛られ過ぎているために、あなたはまるでそれを受け取ることができずにいる・・・

 

これが今のベラさんの状態です。

 

では、どうしたら彼から上手に愛を受け取ることができるようになるのか?

 

その具体的なテクニックをお教えする前に・・・

 

恋愛依存症の人は【受け取る】ということがどれくらい苦手なのか、実例をまじえてそれをこれからご説明したいと思います。

 

でないと、またサラッと読み飛ばされてしまう可能性が高いので(笑)。

 

 

■愛を求めていながら、決して愛を受け取ろうとしない人たち

 

試しに、前回の記事を読んでくれたベラさんの最初のコメントから一文を抜粋してみます。

 

【彼から与えて貰うのではなく、私自身が私自身や周りの方に愛を与えていかないといけないのですね。】

 

・・・

 

・・・

 

・・・

 

さて、私が今、何を言いたいのかおわかりでしょうか?

 

そうです、ベラさんのコメントの中に【受け取る】という大事なキーワードは一つも出てきません。

 

私があれだけ記事の中で長々と「受け取ることが大事ですよ!」と説明してきたにもかかわらず、です(泣)。

 

それどころか、ベラさんはまだ【与えること】で問題を何とか解決しようとしています。

 

「お願いだから話を聞いてくださーい(泣)!」と私が嘆きたくなってしまう気持ちを、少しはご理解いただけるでしょうか?

 

誤解のないように言っておきますが、私は別にベラさんを責めている訳ではないのです。

 

ただ、今のご自分がどんなに危険な状態にあるのかをきちんと自覚して欲しくてこのようなことを言っているのです。

 

実は多かれ少なかれ、恋愛依存の状態にある人は皆、この【受け取る】という言葉に対してベラさんと同じような反応を示します。

 

余談になりますが、ちょっと想像してみてください。

 

毎日毎日・・・

 

「彼に依存しすぎて苦しいんです!」

「彼を好き過ぎすぎてツラいんです!」

「片思いで死ぬほど悩んでいるんです!」

 

というような理由でお店にいらっしゃる相談者さんたちに対して私は、一時間近くかけて「彼はちゃんとあなたに愛を与えてくれていますよ。それをあなたが受け取っていないから、二人はうまくいかないのです。ですから与えることよりも受け取ることにもっと敏感になりましょうね」と全力でご説明しています。

 

にもかかわらず、そのたびに必ず、必ず、必ず・・・

 

「そうなんですね、やっとわかりました。私は彼に求めすぎていたんですね、もっと自分から彼に【与えて】いかないといけないんですよね」

 

とか言われてしまうのですよ、コレが(泣)!

 

与えちゃダメって言っているのに(泣)!

 

受け取ってくださいって言っているのに(泣)!

 

もう見事なまでに、本当に皆さん同じような反応を示します。

 

【受け取る】という言葉をいくら聞いてもまるで頭に入っていかないのです。

 

無意識的に拒否しているからです。

 

これで少しはおわかりいただけたでしょうか?

 

恋愛依存の人たちは、それくらい【受け取る】ということが苦手なのです。

 

 

■恋愛依存の人が愛を与えようとすることの危険性

 

ちなみに、恋愛依存に陥っている人には主に次のような特徴があります。

 

・自分に都合の悪い話は一切聞こうとしない。(特に【受け取る】ということにはちっとも興味を示さない)

・彼の気持ちが離れて行かないかと常に不安を感じている。(自分のネガティブな妄想に夢中で目の前に誰がいても上の空、彼本人がいたとしても実は上の空)

・とにかく【与えること】で彼との問題を何とかしようとしてしまう。(今までの自分のやり方を決して変えようとしないので、彼との関係をさらに悪化させてしまう)

 

もしもこれを読んで、三つとも当てはまっているような気がするなら・・・はっきり言ってあなたはかなり危ない状態です。

 

可能ならば、手遅れにならないうちに、今すぐ池袋のウエストウィッチまでいらしてくださいね(笑)

 

さりげないPRはさておき・・・

 

特に三つめの「とにかく【与えること】で彼との問題を何とかしようとしてしまう」ということを続けていると、とても破滅的な結果を招くことになります。

 

その女性は、いわゆる【尽くす女】という存在になっていくのです。

 

今までコメント欄ではさんざん書いてきましたが、この【尽くす女(または都合のいい女)】になってしまったが最後、女性は男性から必ずフラてしまう運命にあります。

 

なぜそうなってしまうのかについては、いずれまたあらためて記事に書くかもしれませんが・・・

 

とにかく、そのままでは彼から確実に嫌われてしまうこと間違いなしです。

 

今のベラさんはその崖っぷち2、3歩手前にいるのだと思ってみてください。

 

ですから私はベラさんに、彼に対して「しばらく絶対に何もしないでください」と少し強い口調でメールを送ったりしたのです。

 

恋愛依存に陥っている人は、依存している相手に対して、とにかく何かを与えずにはいられない傾向があります。

 

ベラさんからのご相談文の中に【彼は医者からも余り無理をすると余命短いと宣告されてるのですが私が彼に出来る事はないでしょうか?】との一文がありましたが・・・

 

彼から何も頼まれていないにも関わらず、ベラさんは必死で彼に自分を与えようとしているのがおわかりでしょうか?

 

これは【相手に何かしてあげないと(つまり、与えないと)自分には愛される価値がない】と思い込んでしまっているからです。

 

当然ですが、これは大きな大きな間違いです。

 

実際には【相手に何もしてあげなくても、あなたには愛される価値があります】

 

恋愛依存の人たちというのは、これを信じることができないせいで自ら墓穴を掘ってしまうのです。

 

よく考えてみてください。

 

幼い赤ちゃんを見て「この子は私に何もしてくれない! だから愛してあげない!」なんて思う人はいませんよね?

 

何もしてくれなくても、赤ちゃんはみな可愛くて愛すべき存在です。

 

思い出してください、あなたも昔は赤ちゃんだったのです。

 

つまり、ただそこにいるだけで愛されている存在だったのです。

 

そして今も何らそれは変わりありません。

 

ただ、無力で依存的な赤ちゃんだった頃に比べると、今のあなたは自分の手でできることが格段に増えているかもしれません。

 

ですが、ただそれだけのことです。

 

昔とくらべてできることが増えた、だたそれだけのことです。

 

愛される価値があるのかどうかと、何がどれくらいできるのかとは、本来、何の関係もありません。

 

つまり、愛されるために特別何かをしなければならないなんてことはないのです。

 

そのことをよーく理解しておいてください。

 

だから・・・もう彼に何も与えちゃダメ!

 

彼の気持ちが離れて行こうとしているのは、ベラさんが彼に何も与えていないからではなくて、彼にあれやこれやと与えすぎているからです。

 

「もうお腹いっぱいだよ、食べられないよ!」と彼は悲鳴を上げているのです。

 

ちょっと想像してみてください。

 

もうすでにお腹いっぱい食べて苦しがっている彼を追い掛け回して、その口を無理やりこじ開け、どんどん新しい料理を突っ込みながら「もっと食べて! そしてもっと私に感謝して! もっともっと私を好きになって!」と言っている自分の姿を・・・

 

まるでホラー映画ですよね(笑)?

 

でも、ベラさんは今それと同じ事を彼にやってしまっているのです。

 

彼でなくても逃げ出したくなる気持ちがおわかりでしょう。

 

私がよく女性たちに「放おっておけば彼はまた必ず戻ってきますよ、大丈夫」と言っているのは、上の例をつかって言うならば「放おっておけば彼はまた必ずお腹が空いて戻ってきますよ、大丈夫」ということなのです。

 

だから・・・もう彼に何も与えちゃダメ!

 

 

■要約

 

またもや、すっかり長くなってしまいました。

 

それでもまだ【彼からもっと愛されるためには?】の具体的なテクニックにたどり着くことができていません(泣)

 

ですが、これで少しは、愛を【受け取る】ということの難しさとその重要性をご理解いただけたのではないでしょうか?

 

いよいよ次の記事では「彼からもっと愛されるためには具体的にどうしたらいいのか?」についてお話していきます。

 

とは言っても、この記事の中ですでに一つ大きなヒントを出してはいますが。

 

それを要約すると・・・

 

【彼からもっと愛を受け取りたかったら、彼には何も与えようとしないこと】です。

 

何も、です。

 

「ちょっとなら・・・」

 

ダメです。

 

「だけど本当に少しくらいなら・・・」

 

絶対にダメです。

 

「だって、何もしなかったら彼に嫌われちゃう!」

 

大丈夫です、今より嫌われることはありません、断言します。

 

不安に思うのなら、どうぞもう一度この記事の後半部分をよーく読み返してみてください。

 

「でも、【与えたものだけを受け取ることができる】というのがよく聞く有名な宇宙の法則ですよね? じゃあなぜ、彼に何も与えずに私は愛を受け取ることができるのですか?」

 

それについては・・・次の記事でご説明いたします。

 

※【彼からもっと愛されるためには?その3】に続く・・・予定だったのですが、諸事情があり書けなくなってしまいました、すみません(泣)

ただし、その3で書く予定だった内容そのものに関しては、【愛(与えること)と犠牲(尽くすこと)の違い】という記事であらためて説明しておりますので、ぜひそちらを参考にしてみてください。

 

 

■恋愛相談のお申し込みはこちらをクリック!

☆「あなたの恋を 叶える7つの魔法」を無料プレゼント中です!
7kara@westwitch.info に空メールを送ると手に入ります。

【 恋愛ブログランキング!】←参考になりましたら応援お願いいたします!


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (25)
    • みお
    • 2016年 2月 07日

    同棲中の彼との関係がギクシャクしていて、悩み続けている時に、このブログにたどりつきました。

    私は子供の頃に親に愛されなかったという思いが強くあります。両親は不仲で別居していて、仕事も忙しく、ずっと祖母と暮らしていました。母は私に何も求めない人、無関心な人。たまに会う父と一緒に生活している祖母はいつも私に『美人で賢くて勉強ができてお行儀が良くていい子だね』といいました。
    でも自分では自分の事をそう思えなくて、だらしなくて面倒くさがりでダメな自分、一重で目も小さくて可愛いなんて思えない自分と、まわりからかけられる言葉のギャップにずっと苦しい気持ちでいました。
    そして、無意識に、いい自分、頑張る自分、わがままを言わない自分、美しい自分でいなければ、好きになってもらえないと思っていました。

    そうしているうちに人に嫌われる事を怖がる、常に人の目を気にする人間になってしまいました。

    付き合う相手にも、常になにかしてあげなければ愛されない。
    そして、こんなに彼の事を彼以上に心配して大切に思って、彼が幸せになれるように、できる限りのことを全てやりたいと思って、身の回りの事などやりすぎてしまいます。

    そして、やらなくていい、頼んでない、などと言われるとものすごく傷つくし、悲しいし、落ち込むし、段々怒りに変わって『私はこんなにあなたの事を考えているのに、どうして私の気持ちわかってくれないの?どうしてそんなひどい事言うの?もし私があなたなら、すごく感謝して私の事大切にしようって思うのに、なんで?』といつも思っていました。

    しかも、彼の元彼女は、彼や彼の友人から聞いても、かなりわがままで強引でいつも自分の意見を通して彼を振り回す人だったそうです。(たとえば、仕事で疲れていても、夜遅くに友達と遊びに行きたいから遠い場所まで車で送ってとか、休みが合わないけど旅行に行きたい、だから彼に一週間有給とって旅行連れて行ってとか無茶な事を頼むなど…です)

    そんな人より私なら、彼に優しくするのに。
    好きな人にわがままなんて言わないのに。相手を傷つけてまで自分のやりたい事を優先しないのに。
    私の方が聞き分けのいいいい子にしてるのに、なんで元カノより私の事大事にしてくれないの?
    もっと愛してくれないの?
    元カノの無茶振りはイヤイヤでもやったのに、なんで私の頼んだ些細な事はやってくれないの?
    などなど、キリがないです。

    けど、ブログの記事をいくつも読んでいて、なんとなく自分の考えのクセとかダメなところがわかってきました。
    それを認めるのはとてもしんどいんですが、やはり私は自分で自分を愛してなくて、存在価値がなくて、かわいそうで、でもそんな自分の願いをなんでも叶えてくれて、無条件に幸せにしてくれる人として、そういう理想をパートナーに押し付けていた気がします。

    彼のダメなところは私にもあるし、もっと怖いのが、自分の父親とダメなところが似ているという点でした。

    タバコ、ギャンブル、借金、責任感がなくてすぐ逃げる。都合のいい言葉ばかり言って一時的に喜ばせるけど、なにも実行しない。などです。

    自分でもなぜこんな人と泣きながら一緒にいるのか?嫌いになれたらどんなに楽だろうかと何度も思うんです。
    けど、どうしても離れられなくて、もう二度とこの人と会えなくなるのが怖いんです。
    どうしてここまでこの彼に執着するのかわからなくなっています。

    離れたい、離れたくない。
    ずっと頭の中でぐるぐるしています。

    愛されない(というか、私がやって欲しい事をやってくれない)のに、冷たくされるのに、それでもそばにいたい。

    いや、こんな関係意味ない。こんなに悲しいなら早く離れた方がいい。
    その繰り返しです。

    でも、本当にしなければいけないのは、彼との関係修復ではなく、小さい自分を認める事だと感じました。
    まだうまくそれを出来てないですが、昨日試しに、小さな自分を想像して、『あなたが何をしても何をしなくても、私はずっとそばにいるし、ずっと愛しているよ、大好きだよ』と何度も言ってみました。

    自分でも怖いくらい涙が止まらなくて、嗚咽も止まらなくて、ものすごく長い時間泣いてしまいました。
    今もこの文章を書きながら、その言葉を思い出すだけで涙が出ます。
    私が求めてたのは、こういう事なのかな…となんとなく思いました。
    どんなにダメな自分でもいいよ。
    失敗してもいいよ。
    何もしなくてもいいよ。
    自分が好きな事していいよ。
    そう言われたかったんだな。
    って思いました。

    そして、彼に、与えて与えて与えて、尽くして尽くして尽くして、寂しい自分を埋めようとしていたんだなって。

    いい事をすれば好かれる。役に立つ事をすれば愛される。
    そればかり頭にありました。

    彼は私の事が必要といいました。
    理由は教えてくれませんでした。
    ただ、一緒にいてくれたらいいと。

    好きだから一緒いる。って。

    だけど、私はいつも言葉に出して欲しくて、抱きしめて欲しくて、それをしてもらえないと、愛されてる自信がなくて不安でどんどん彼を問い詰めていって。
    挙げ句の果てに、泣き叫んで、不満ばかり言って。
    それすら無視されて、また悲しんで。

    彼が言ってた、何もしなくていい、ただ一緒にいればいい、できる事だけやればいい、無理しなくていい。
    その言葉を全部突き放されたように感じていました。

    でも、、本当はそうじゃなかったのかもと思えるようになりました。

    彼は人付き合いが苦手なタイプで、一人でいる方が楽だという人です。
    なのに、私と一緒生活しようと思ってくれたのは、彼にとってはすごく大きい事だったのかなと。

    同棲を始めたばかりの頃は私も彼を責める事もなくいい関係でした。
    仕事が終われば早く帰ってきてくれて、一緒に食事をしたり、テレビをみて笑ったりとても楽しかったです。
    ギャンブルもやらないでいてくれました。

    けど、彼が頑張って私に合わせてくれてることも全然考えないで、もっともっともっも私の思い通りになって欲しい…とどんどん追い詰めていた気がします。

    ワガママな元カノなんかより、ずっとずっと彼にひどい事をしていたのではないか?
    私が愛されたくてしていた事は全部逆効果だったのだ。とものすごく驚きましたが、なんだか納得もしてしまいました。

    彼のためにって考えてやっていた事は、実は自分がやって欲しいことだったなと。
    自分の為に何かするなんて虚しいしつまらないし意味のない事だとずっと思っていました。
    でも、そうじゃないんだ。
    と、なんとなく感じる事ができました。

    自分がやりたい事なんてない、彼のために何もかも犠牲にして尽くす事が愛だと勘違いしていました。

    こんなにも迷ったり泣いたりするのは、私にも自我があって、自分の為にやりたい事があるのに、それを悪い事のように思ってずっと無意識に我慢していました。

    自分のためだけに何かをする事が怖いとも思っていました。

    でも、今はチャレンジしてみようかなと思えます。

    そのきっかけを下さったこのブログに出会えた事がすごく嬉しいです。
    地方にいるので、なかなか池袋にいけないのですが、直接お会いしてお礼を言いたいです。

    まだ完全に断ち切れてない気持ちもあるので、時々このブログをみて、自分を大切にするのは大事な事だと再確認しながら前に進んで成長していきたいと思います。

    ありがとうございました。

    • ブー
    • 2016年 1月 11日

    初めまして。
    とても分かり易い記事で鳥肌が立ったくらいです。
    同時に、あえてわかり易すぎる文章に感銘を受けた私自身、「ここまで説明されないとわからなかったかも…」と、苦笑してしまいました。
    どうやってこのブログにたどり着いたか忘れましたが、今一番知りたかった事が知れたのでうれしいです。
    記事を読み終えて、今寝室でいびきをかきながら寝てる彼氏がとても愛おしく感じました。うまくは説明できませんが…
    他の記事も少しずつ拝見させていただくつもりですが一先ずお礼を言いたくてコメントさせていただきました。
    ありがとうございました!
    続きも密かに楽しみにしております。

    • あやかち
    • 2015年 11月 25日

    初めまして。記事を読んでいろいろ腑に落ちる事が沢山あり、勉強させてもらっています。

    ※【彼からもっと愛されるためには?その3】に続く・・・予定だったのですが、諸事情があり、この続きに関しては他の記事という形でいずれあらためて更新する予定です、すみません(泣)

    とありますが、続編はもう他のタイトルで更新されているのでしょうか。
    2まで読んで続きが気になってしょうがないです。

      • ヨシツグ
      • 2015年 11月 30日

      ※現在はコメントへの返信は控えさせていただいておりますが、他の方も気になる内容かもしれませんので、簡潔にお答えいたします。

      すみません。

      【彼からもっと愛されるためには?その2】の続きは、きちんとした形ではまだ公開できておりません。

      いずれ、何とかして形にしたいとずっと思ってはいるのですが・・・

      それくらい伝えるのが難しい内容だったりします(泣)

      ただし、その核となる内容に関しては、有料テクニック動画のうちの【彼からもっと愛される魔法テクニック!】という中で説明してはおります。

      という訳で、もう少しだけ気長にお待ちいただければ幸いです。

      ありがとうございました。

1 3 4 5

ピックアップ記事

カスタマーセンター

2016.9.16

有料コンテンツご購入時のメールが届かない方へ

動画をアップするたびに、「動画を見ているうちにいろいろ気がついて問題が解決してしまいました。セッションの予約はキャンセルしてくだ…

カテゴリー

過去の記事

ページ上部へ戻る