あなたに出会いがない本当の理由

図書館でナンパ

 

朝起きると顔がパリパリに乾燥している、池袋・占い空間ウエストウイッチのヨシツグです。

 

踵に続き手の甲もヒビ割れました、ひー!

 

それはともかく、今日は【あなたに出会いがない本当の理由】について重要な秘密をお教えしたいと思います。

 

「結婚相談所に登録したり、お見合いパーティーなどへも積極的に参加しているんですが・・・なかなか素敵な男性と出会えないんです!」という女性の方が、ウエストウイッチには連日たくさんいらっしゃいます。

 

【いい出会いがない】というのは、恋愛相談の中でも特に多いご相談の一つと言えるかもしれません。

 

実は、長い間なかなか恋人ができない方や素敵な異性との出会いがない方には、ある秘密の共通点があります。

 

この秘密に気づき意識的に改善をしていかない限り、どんなに婚活を頑張ってみたところで、素敵な男性と出会うことなどまずできません。(本当です)

 

では、出会いがない人たちが持っているその秘密の共通点とは何なのか・・・

 

今回の記事は、今年中に素敵な男性と出会いたいと思っているあなたには必見の内容です。

 

いつにもまして長文ですが、今すぐ素敵な出会いが欲しいあなたは頑張って最後まで読んでみてくださいね。

 

■あなたに出会いがない本当の理由

 

「恋人が欲しいけどなかなかいい出会いがなくて」と悩んでいる方に、私が必ずセッションの最初に言っていることがあります。

 

それは・・・

 

「何言ってるんですか、出会いなら毎日あるはずですよ! 今日も素敵な出会いが一つあったことに気づいていますか?」

 

「?」

 

「まだ気づきませんか?」

 

(しばしキョトンとして、私の顔を見つめている女性相談者さん)

 

「あ、そういうことですね(苦笑)」

 

そうです、この私も一応、男性なのです。

 

しかも花の独身貴族です。

 

にもかかわらず、私が指摘するまで、その方は私のことを異性として全く認識できていなかったという訳です。

 

もちろん私は仕事でやっていますから、全然、平気、なの、です、が・・・嘘です、ホントは悔しいです(泣)!

 

ま、それはさておき。

 

これを逆の立場だったらと想像してみてください。

 

つまり、つい今さっき知り合ったばかりの素敵な男性が、あなたにこんなことを相談してきたとしたら・・・どう思いますか?

 

「最近、全然いい出会いがないんですよね~。どこに行けば素敵な女性とは会えるんですかね?」と。

 

(え、私も素敵な女性の一人なんだけど)って不満に思いませんか?

 

その男性が素敵な人であればあるほど、独身のあなたはガッカリして少なからずショックを受けるはずです。

 

これでは、お互いまだよく知りもしないうちに「ごめんなさい、あなたは私のタイプじゃないんです!」と一方的に宣言されたも同じことですよね?

 

見方によっては、これは非常に失礼なことです。

 

実際に言葉を交わしてそんな会話をしなかったとしても、相手が異性として自分のことを見てくれているかどうかというのは、お互いすぐに感じ取れてしまうものです。

 

私が何を言いたいのか、そろそろおわかりでしょうか?

 

そうです。

 

出会いがないと嘆いている人たちは、行く先々でこれと同じことをやってしまっているのです。

 

つまり、見知らぬ異性と出会うたびに「ごめんなさい、あなたは私のタイプじゃないんです!」という無言のサインを知らず知らずのうちに相手に送ってしまっているのです。

 

あなたがどんなに魅力的な女性だったとしても、これではアプローチしてくる男性などいるはずがありません。

 

何しろ、自ら高々と防壁を築き上げて異性が誰もあなたの心に入って来れないようにしている訳ですから。

 

ですから【出会いがない】と嘆いている人たちは、本当は出会いがないのではなく、出会いから目を背けているというのが真実なのです。

 

異性との出会いに対して完全に心を閉じてしまっている訳ですね。

 

「ちょっと待ってください! 確かに私は一般の男性に対しては少し心を閉ざしているかもしれません。でも、自分の好みのタイプの男性だったらそんな態度は取りません!」

 

と、ここであなたは反論したくなるかもしれません。

 

では、そんなあなたに質問です。

 

そもそも、自分の好みのタイプの男性がどんな人なのか、あなたは知っているのですか?

 

「そんなの知ってるに決まってるじゃないですか!」

 

もし本当に知っているというならば、そういう男性がふだんどんな場所にいるのかも見当がつきそうなものですよね?

 

「え?」

 

だったらなぜ、あなたは自分からそういう男性がいそうな場所へ行き会ってみようとしないのですか?

 

「だって、そういう素敵な人はきっと私を受け入れてくれない気がするし、今までにもそういう相手に片思いをしてフラれてきたし・・・」

 

ということは【あなたを受け入れてくれない男性】こそが、実はあなたの好みのタイプだということですか?

 

「・・・」

 

あなたはこれからも、その【あなたを受け入れてくれない男性】が彼の方からあなたに会いに来てくれることを夢見ながら、他の男性には心を閉ざし続けるのですか?

 

「それって、妥協してダメな男と付き合えってことですか?」

 

そうは言ってません。

 

ですが、知り合ったばかりのその人がダメな男だとなぜあなたにはわかるのですか?

 

「それは、今までの経験や知識とかで・・・」

 

では、あなたは今までの経験や知識の中から自分が交際すべき男性を決めているという訳ですね?

 

「当たり前じゃないですか、他にどうやって決めろと言うんですか?」

 

あなたは【好みのタイプじゃないと思っていた男性と付き合ってみたら、実はもの凄く素敵な人で大好きになってしまった】というようなことは、自分にはありえないと思っている訳ですね?

 

「・・・」

 

その経験によって男性を見る目が一変して自分の恋愛観までもが大きく変わってしまうなんてことも、ありえないと思っている訳ですね?

 

「・・・」

 

つまり、あなたは今までの、過去の自分の狭い恋愛観の中だけでこれからも生きていこうとなさっているのですね?

 

「・・・」

 

と言うことは、あなたの最高の恋愛相手というのは過去の中にいて、これから先、未来では出会えないということになりませんか?

 

「そんなこと私にはわかりません! わーん(泣)!」

 

はい、ここまでにしておきましょう(笑)。

 

最近、法廷モノの海外ドラマにハマっているせいで、ついつい厳しい口調になってしまいました。

 

ごめんなさい。

 

でも、私が言いたいことは大体もうおわかりですよね?

 

あなたに出会いがない本当の理由、それはあなたの心の中にある【パートナーの部屋がもうすでに埋まっているから】なのです。

 

パートナーの部屋とは何なのか?

 

それがもうすでに埋まっているというのはどういうことなのか?

 

それを、次の【パートナーの部屋とは?】でご説明いたしましょう。

 

■恋愛相談のお申し込みはこちらをクリック!

☆「あなたの恋を叶える7つの魔法」を無料プレゼント中です!
7kara@westwitch.info に空メールを送ると手に入ります。

【恋愛ブログランキング!】←参考になりましたら応援お願いいたします!


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

%e9%8c%a0%e5%89%8d

2016.11.27

【お蔵入り動画】mp3音声バージョン

★YouTubeでの動画レンタル、ご購入はこちらから。★独自決済(PayPal、銀行振込)での音声のご購入はこちらか…

カテゴリー

過去の記事

ページ上部へ戻る