もっともっと気分が落ち込んだ時の対処法

午後の一時

 

トイレットペーパーと間違えてキッチンタオルを買ってしまった、池袋・占い空間ウエストウィッチのヨシツグです。

 

これで、人一倍繊細なお尻を、拭けというのか・・・

 

さて、今日は【もっともっと気分が落ち込んだ時の対処法】をお教えします。

 

以前に紹介した【気分が落ち込んだ時の対処法】を試してみたが、いまいち効果がなかったという方、慢性的に落ち込んでいてその状態からどうしても抜け出すことができないという方は、ぜひ参考になさってみてください。

 

私も本当に落ち込み方がひどい時はこれを実践して復活するようにしています。

 

実はつい最近もこの技を使ってスランプを脱しました(笑)

 

やることはとてもシンプルなのですが、人によってはちょっと難しく感じたりするかもしれません。

 

ですが、お金もかからず簡単にできて確実に効果のある方法ですから、ぜひ一度試してみてくださいね。

 

やってみるだけの価値はありますよ。

 

■もっともっと気分が落ち込んだ時の対処法

 

では、お教えします。

 

もっともっと気分が落ち込んだ時の対処法、それは【3日続けて夜10時(できれば9時)に就寝すること】です。

 

あまりにも簡単なことでビックリされたかもしれませんが、これは本当に効果があります。

 

もちろん、続けれられる人は別に3日でなくてもかまいません。

 

もっと続けてみてください。

 

そうすれば、どんどん体調も良くなりますし、非常に落ち込みにくい体質をつくることができます。

 

夜早く寝ると必然的に朝早く起きてしまいますが、今まで夜やっていたことを早朝やるようにすると、フレッシュな頭で作業に取りかかれてとてもイイ感じです。

 

ベストセラー作家の多くが早朝に執筆をしているというのも決して偶然ではないのです。

 

早起きは三文の得という諺があるくらいです、昔から言い伝えられている知恵というのはなかなか馬鹿にできません。

 

そもそも落ち込みやすい人というのは、まず間違いなく生活リズムが昼夜逆転しています。

 

人はいつ落ち込んでいるのかと言うと、たいてい夜一人になったような時に落ち込んでいるのです。

 

なんだかんだ言っても日中はみんな忙しく行動していますから、意外と落ち込むヒマがありません(笑)。

 

夜一人になってほっと一息つけるような状態になってから本格的に気分が落ち込みはじめる・・・というケースがほとんどです。

 

そしてそのまま、あれやこれやとネガティブな妄想が膨らんでいき、気がつけばもう夜中の3時、4時。

 

「あ、いけない、明日も仕事だ。少しでも寝ておかなきゃ」と慌てて布団にもぐりこみ何とか仮眠を決め込むものの・・・熟睡なんてできるはずもなく、やがてうつらうつらしてきたと思ったら目覚まし時計が鳴って・・・仕方なく眠い目をこすりながら朝の支度を始める。

 

こんな毎日を過ごしていれば、落ち込みから抜け出せる訳がありません。

 

人の記憶は眠るたびに整理され書き換えられているという説があります。

 

つまりパソコンのOSが日々更新されているのと同じようなものです。

 

眠っている間に必要な記憶とそうでない記憶を取捨選択して、いらない記憶はどんどん捨てていってくれるのです。

 

ですから、夜きちんと睡眠がとれている人というのは、どんなに嫌なことがあっても、数日すれば意外と自然に立ち直ることができていたりします。

 

人によっては一晩ぐっすり眠っただけで「あれ? そう言えば何か悩んでいたっけかな・・・ま、いっか」となっていることも珍しくありません。

 

一方、ずっと落ち込み続けている人というのは、たいていきちんと睡眠が取れていないので、うまく記憶の整理がなされないのです。

 

で、ずっと毎日毎日同じ事でクヨクヨと悩み続けてしまったりする訳ですね。

 

心と身体は表裏一体です。

 

心がどうにもならないと感じるときには、ぜひ身体にフォーカスしてみてください。

 

とりあえず心のことは放おっておいて、身体が素直に気持ちいいと感じることをするのです。(ただし副作用のないものに限りますよ、飲酒などはダメ)

 

中でも一番簡単なのは、毎晩、夜きちんと睡眠をとることです。

 

「見たいテレビ番組があって」

「夜はネットやメールの時間だから」

「付き合いでの飲みが断れなくて」

 

など、いろいろな事情はあるかもしれませんが、たまにはあなたの身体を最優先してあげてください。

 

ちょっと厳しい言い方ですが、その程度の理由でこのテクニックを試せないのだとしたら、あなたの落ち込み具合など所詮はその程度のものだということです。

 

溺れるものは藁をも掴む、と言います。

 

本当にその状態を何とかしたいと思ったら、人はあらゆる手段を講じるものなのです。

 

ですから、もしかすると、あなたがその落ち込んだ状態からなかなか抜け出せないでいるのは、その落ち込んだ感情の中毒になってしまっているせいなのかもしれません。

 

なんだかんだ言っても、あなたはその感情に浸るのが好きで好きでたまらないという意味です。

 

安くて悪いお酒に酔っているようなものですね。

 

落ち込む感情を楽しむのもたまにはいいですが、ずっとその感情に溺れ続けていてはいけません。

 

人生が先へ進まなくなってしまいます。

 

あなたが人生で味わうべき感情はまだまだ他にもたくさんあるのです。

 

それを忘れないでください。

 

【3日続けて夜10時(できれば9時)に就寝すること】

 

とっても簡単ですから、ぜひやってみてくださいね。

 

それで元気を取り戻せるなら、安いものだと思いませんか?

 

■なかなか眠れない時の対処法

 

「できればその時間に寝てみたいと思うのですが、実はずっと不眠症で」という方もいらっしゃるでしょう。

 

長い間、生活リズムが崩れていると、なかなか正常な状態に戻すのは難しいものです。

 

熟睡するためのコツについては専門の書籍などもいっぱい出回っていますから、ご興味ある方はそれらをチェックしてみてください。

 

症状が深刻な場合は睡眠導入剤などをつかってもいいと思います。

 

ただし、あくまでも補助としてつかうことです。

 

薬というのは便利ですがクセになりやすいですから、十分にお気をつけください。

 

ここでは、私なりの熟睡テクニックを3つほどご紹介しておきましょう。

 

よろしかったら、参考になさってみてください。

 

・日中よく運動しておく

 

夜眠れない人というのは、たいてい運動不足なことが多いです。

 

試しに休日に低い山などを軽登山してみてください、その夜は問答無用で爆睡できますよ(笑)。

 

ふだん、仕事や勉強などで疲れている人も多いと思いますが、それらは運動した時の健全な疲労とは別物だと思ってください。

 

夕方30分~1時間の散歩をするだけでも違います。

 

「運動」で身体を十分に疲れさせてあげてください。

 

そうすれば、意外なくらいぐっすりと眠れるはずです。

 

・部屋を完全に暗くする

 

試しに光の全く入らない完全に暗闇状態の中で睡眠をとってみてください。(可能ならばですが)

 

信じらないほど深く熟睡できるのを体感できるはずです。

 

実は、目をつむっていても(アイマスクをしていても)身体は光を感じています。

 

テレビをつけっぱなしにしたり、電灯をつけっぱなしにしたりして寝ている方も多いと思いますが、これでは本当に深い眠りは得られません。

 

特に都会の夜は思っている以上に光が溢れています。

 

環境によっては暗くすることが難しい場合もあるかと思いますが、本当に疲れを取りたいときは可能な限り部屋を暗くして眠ってみてください。

 

これだけでもだいぶ疲労の回復度が変わってきます。

 

私はこの秘密を、とある高額な有料セミナーで教えてもらいました。

 

本当に効果がありますので、騙されたと思ってぜひ一度お試しあれ。

 

・眠れなくても凹まない

 

完全に生活リズムが狂っているような人の場合、夜早い時間に眠ろうとしても最初はなかなか難しいかもしれません。

 

中にはいくらチャレンジしてもうまく眠れないという人もいることでしょう。

 

だからといって凹まないでください(笑)

 

眠れないからといってさらに落ち込んでしまっては逆効果です。

 

目をつむって横たわっているだけでも休息の効果はあります。

 

一睡もできなかったと思うような時でも、人は意外とちゃんと眠っていたりするものです。

 

神経質になるのが一番よくありません。

 

「ま、そのうち眠れるさ」くらいの軽い気持ちで楽しみながら取り組むのがコツです。

 

自分を変に追い込まないように気をつけましょう。

 

■もっともっと気分が落ち込んだ時の対処法・補足

 

もう一度繰り返しますが「心がつらい時は身体とのコミュニケーションを考えなおすいい機会」でもあるのです。

 

心と身体は繋がっていますから、身体が元気を取り戻すと自然に心も元気を取り戻していきます。

 

あなたが落ち込んでいるのは、自分自身(の身体)をもっと大切に扱ってあげてください、という潜在意識からのメッセージかもしれません。

 

【3日続けて夜10時(できれば9時)に就寝すること】

 

ぜひ一度試してみてください。

 

落ち込んでしまってもう何もヤル気が起きないという方でも、睡眠は毎日とっているはずです。

 

試すだけの価値はあると思いますよ。

 

なお「首や方が凝って頭に熱がこもりなかなか眠れない」という方はこちらの体操をやってみてください。

 

『30秒で首がほぐれてしなやかになる』

 

びっくりするほど首周りが軽くなりますので。

 

■恋愛相談のお申し込みはこちらをクリック!

☆「あなたの恋を叶える7つの魔法」を無料プレゼント中です!
7kara@westwitch.info に空メールを送ると手に入ります。

【恋愛ブログランキング!】←参考になりましたら応援お願いいたします!


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (4)
    • 2011年 11月 12日

    ヨシツグ様

    いつも楽しく読ませて頂いております。

    分かりやすくかつ実践的な内容は、いつも大変参考になります!

    今、年下の彼氏にふられてとっても傷心です。
    もう一度やり直したい思いが消えず、苦しい毎日です。

    別れた人を忘れる方法や、復縁のコツ?なんかを教えて頂けると嬉しいです。

    いつか、ヨシツグさんにもお会いしたいです☆

      • yoshitsugu
      • 2011年 11月 12日

      文様、コメントありがとうございます。
      失恋なさったばかりとのことで、それは大変おつらいことですね。

      失恋した時の対処法についてや復縁するためのコツみたいなものも記事として書いている途中だったりします。
      ちょっと時間がかかるかもしれませんが、またそのうち更新できればと・・・

      ただ、一つ言えることは、時間をかけてできるだけ自分を慰めてあげることです。
      苦しいからといって何とかしようと動きまわると余計に傷は広がります。

      失恋は成長のための大きなチャンスです。
      決して悪いことばかりではありません。
      でも次のステージへ進む前にはそれなりの時間が必要なのです。

      今はちょっとだけ恋をお休みして自分の心と身体を休めてあげてくださいませ。

      文さんのお役に立てるような記事を書きますので、また覗きにきてください。

      大丈夫、失恋してもあなたがとても素敵な女性であることに変わりはありませんから。

    • ぴゅうぴゅう
    • 2011年 11月 12日

    よしつぐさま

    いつもメルマガを読ませて頂いてます有難うございます。
    今日ははじめてコメントです。

    毎回実践的な眼から鱗なお話しで
    とても楽しいです。

    そしてなんと言っても、毎回ビックリする程の
    タイムリーな内容に驚いています!!

    よしつぐさんのメルマガを通して、
    男性の心理ってこうなんだ~と気付けます(^-^)
    時期がきたら池袋のウエストウイッチでアドバイスを
    受けてみたいと思います(^-^)

      • yoshitsugu
      • 2011年 11月 12日

      ぴゅうぴゅう様、コメントどうもありがとうございます!
      反応をいただけると、とても嬉しいですし、励みになります。

      感謝!

      いつも、お店に来てくださった相談者さんたちのことを思い浮かべつつ、
      セッションでお話した内容を補完するような記事になるよう心がけています。

      お店では解決できなかった問題もこのブログを読んで
      「あ、そういうことか」と納得していただければ幸いかなと思っております。

      少しでもお役に立てるよう、これからもコツコツ更新していく予定です。

      よろしかったら、また遊びにいらしてくださいませ。

      ありがとうございました。

ピックアップ記事

yoshitsugu2

2016.3.10

恋愛依存症を完全に治す方法!~重い男、重い女、恋愛体質を今すぐやめる方法~

★商品のご購入はこちらから 恋愛依存症を完全に治す方法!~重い男、重い女、恋愛体質を今すぐやめる方法~【YouTub…

カテゴリー

過去の記事

ページ上部へ戻る