男が穴にこもるわけ

穴

 

という訳で、穴ごもりから戻ってきた池袋・占い空間ウエストウィッチのヨシツグです。

 

現実逃避したくて始めたはずのネットゲームで、逆に人間関係がうまく行かずにストレスを感じてしまうこの矛盾(笑)

 

さて、ながらくブログが更新できずに先日はとうとう幸運の女神の手まで借りることになってしまいましたが・・・

 

お約束通り、今日は女性たちをパニックに陥れている男性特有の【穴ごもり】という現象についてご説明いたしたいと思います。

 

あなたにもこんな経験がありませんか?

 

・付き合い初めはラブラブで優しかった彼が理由もなく急に冷たくなった。

・彼から「ちょっと距離を置きたい」「今は一人にして欲しい」「ほおっておいてくれ」などと言われ、そのまま連絡が途絶えている。

・最近、彼に話しかけても上の空でろくに返事も返ってこず、一緒にいるといつも不機嫌そうな様子でいることが多い。

 

今まさに恋人やパートナーとそういう状態にあって、とても辛い思いをしていらっしゃる女性も多いかと思います。

 

男性がこうなってしまうとほとんどの女性が、

 

(私、何か嫌われるようなことしたのかな?)

(もしかして他に好きな人ができたんじゃ・・・)

(別れたいなんて言われたらどうしよう!)

 

とネガティブな方向へ勝手にどんどん妄想を働かせてしまい、パニックになってしまうようです。

 

優しかったあなたの彼に一体何が起きてしまったのか?

 

今日はこの【秘密】についてお教えしたいと思います。

 

これを知れば、もう彼の気持ちを気にしてヤキモキする必要はなくなりますよ。

 

■男が穴にこもるわけ

 

男性が穴、つまり自分の世界に閉じこもってしまうのには理由があります。

 

【強いストレスを感じた時や問題を抱えた時】に男性は穴にこもるのです。

 

穴というのはもちろん比喩です。

 

実際に部屋などにこもって一人になりたがる人もいれば、みんなで一緒にいても平気なタイプもいます。

 

ただ、共通しているのは心を閉ざして【精神的に一人になりたがる】という点です。

 

男性は一人になることによってストレスを発散させたり、抱えた問題を解決したりするのです。

 

誰かに話を聞いてもらったりコミュニケーションを取ることでストレスを解消させる女性にとって、これは理解できないことかもしれません。

 

ですが、男性にとってそれは【自分の心をメンテナンスする】ためのとても重要な行為であり時間なのです。

 

【男の聖域】と言ってもいいかもしれません。

 

ですから、そこのところをぜひ理解してあげてください。

 

もっとわかりやすく言うならば、強いストレスを感じると女性はコミュニケーションを求め、男性はコミュケーションを避けて一人になりたがるということです。

 

この違いを忘れないで下さい。

 

さて、男性が穴にこもってしまう時は彼が何らかの問題を抱えてストレスを感じている時な訳ですが、それがいつもあなた(交際相手の女性)と関係していることなのかと言えばそんなことはありません。

 

むしろ、あなたとまるで関係のない理由で強いストレスを感じて、自分の世界に閉じ込もってしまうことも多いのです。

 

恋をしている時はみんな自意識過剰になりやすいものです。

 

ついつい、恋人の一挙手一投足がすべて自分の影響ではないかと思い込みがちですが、実際にはそうでない可能性のほうが大きいことを忘れないでください。

 

彼にはあなた以外の人とも人間関係があり、あなた以外のことにも関心を持っているのです。

 

■男が穴にこもった時の対処法

 

男性が自分の世界に閉じ込もってしまった時は【穴から出てくるまでほうっておく】これに尽きます。

 

もしも、あなたとの関係がうまく行かずに彼が強いストレスを感じて自分の世界に閉じこもってしまったのだとしても、あなたにできることは何もありません。

 

むしろ、絶対に何もしてはいけないのです!

 

以前、【男が喜ぶ究極のほめ言葉その2】という記事にも書きましたが、男性は【心配】ではなく【信頼】されたい生き物なのです。

 

彼が一人になりたがっている時に、あなたが不安になってメールを頻繁に送ったり「大丈夫?」「何か私にできることある?」「もし悩んでることがあったら言ってね」などとしつこくしてしまうと、せっかく一人で問題を解決しようと集中している彼にとっては「あなた一人じゃ乗り越えられないと思うわ」というネガティブなメッセージを繰り返し受け取っているのと同じ事になり、非常に逆効果なのです。

 

そんなことをせずとも、ほうっておけば【心のメンテナンス】を終えた彼は必ずあなたの元に戻ってきます。

 

多くの女性はカン違いをしていますが、大切なのは、彼が穴にこもってしまった時にどうしたらいいかではなく、彼が戻った時にどうしたらいいか、なのです。

 

繰り返しますが、彼が穴にこもってしまったら、あなたにできることは待つこと以外に何もありません。

 

コミュニケーションが大好きな女性にとってこれは拷問にもひとしいことだと思いますが、彼との絆を深めるための試練だと思って乗り越えてください。

 

そのかわりに、もしもあなたが彼はきっと戻ってくるのだと信じて待っていてあげれば、その【信頼】は必ず彼に伝わり、彼のあなたに対する愛情はもっともっと深くなります。

 

ただし、そのためには彼が戻ってきた時にあなたがどんな態度で彼と接するかがとても重要です。

 

もしもあなたが冷たい態度やそっけない態度を取ったりすれば、彼は深く傷ついてまた自分の世界に閉じこもってしまうでしょう。

 

実は彼自身も、あなたをほったらかしにしてしまったことを申し訳なく思っているのです。

 

ですが、男性の習性としてどうしても一人になる時間が必要だったのです。

 

ですから、そんな彼を責めることのないよう気をつけてあげてください。

 

あなたとの関係が大事になればなるほど、何か問題が生じたときにはこの穴ごもりの期間が長くなります。

 

場合によっては、それは数ヶ月に及ぶことだってあるのです。

 

とは言え、それはあなたを嫌いになって距離を置いているのではないことを知っておいてください。

 

むしろ逆なのです。

 

実は、彼が穴ごもりをしている間、彼のあなたへの気持ちは少しづつですが、確実に募っていきます。

 

男性の穴ごもりは交際相手である女性への【愛の充電期間】だと言ってもいいほどです。

 

離れてはいても、決してあなたのことを忘れたわけではないのです。

 

(ああ、そろそろ彼女に会いたいなあ、会いたい、たまらなく会いたい!)

 

そう思って我慢できなくなった頃、彼は穴を抜け出てあなたの元へと戻ってきます。

 

あなたにしてみれば、ずっとほったらかしにされていた訳ですから、怒り心頭、今こそ復讐の時!

 

と思いたくなるのも当然ですが、そこは二人の未来の為に自分の気持ちをグッと抑えて、

 

「久しぶり! 元気だった? ずっとさみしかったんだよ~!」

 

と満面の笑顔で軽く明るく甘えてみましょう。

 

もしもあなたが【いつ穴にこもってもいいし、いつ帰ってきてくれてもいいのよ】ということを態度で示してあげることができたなら、彼は必ず、

 

(なんていい女なんだ! 俺は一生彼女を離さないぞ!)

 

と間違いなくそう思うはずです。

 

なぜなら、ほとんどの女性にはこれができないからです。

 

とはいえ、男性の穴ごもりは一生続く習性だと思って覚悟はしておいてください。

 

男性というのは、離れたり戻ったりすることを繰り返しながら、あなた(女性)への愛を深めていく生き物なのです。

 

ですから、彼が穴にこもったなと感じた時は、思う存分、彼を一人にしてあげてください。

 

そして、あなたは、友達や家族と時間を過ごしたり、自分のためにその時間をつかってみましょう。

 

女性が【待ち上手】になることこそが、男女がうまくやっていける最大の秘訣なのです。

 

■穴ごもりかどうかを見分けるには?

 

「ストレスを感じると男性は自分の世界に閉じこもり心を癒すのだということはわかりました。でも、彼が私と距離を置いた時に、それがただの穴ごもりなのか、本当に離れて行ってしまったのかを見分けるにはどうしたらいいのでしょうか?」

 

これは非常に難しいところです。

 

なぜなら、たいていの場合、その時点ではまだ彼自身が自分の気持ちをわかっていないことが多いからです。

 

つまり、それを確かめるために彼は穴にこもるのだと言ってもいいでしょう。

 

彼があなたとの間に問題を抱えて長期に及ぶ穴ごもりに入ってしまった時というのは、だいたい次のようなことを考えています。

 

(自分は彼女のことをどう思っているだろうか? 今でも本当に好きなのだろうか? はたしてこの女性とうまくやっていけるだろうか?)

 

そして、この結論が出るまでは決してあなたと会おうとしないでしょうし、連絡も絶つでしょう。

 

こう書くと女性のあなたはパニックになり、必死で彼と連絡を取って何とかしたい気持ちに襲われるかもしれませんが・・・絶対にやめてください。

 

繰り返しますが、それは逆効果なのです。

 

一度男性が穴にこもったら、彼が自分で出てくる気になるまではこちらから何をやってもムダなのです。

 

むしろ彼が問題の解決に集中することを邪魔していることになり、彼のあなたへの心象はますます悪くなってしまうでしょう。

 

大事なのは、そういう時こそ【穴から出てくるまでほうっておく】ことです。

 

ほとんどの女性はこれができずに、無理やり彼を穴から引っ張り出そうとして自滅してしまいます。

 

二人の間に問題が生じた時に、彼が穴にこもることは決して悪いことではないのです。

 

なぜなら、彼は一生懸命その問題を解決しようとして穴にこもっているからです。

 

もしも女性が穴にこもった男性を信じて待っていてあげれば、それは「私たちの間に問題が起きてしまったことは確かだけど、あなたならきっと解決してくれると信じているわ」という信頼のメッセージを彼に送っていることになり、危機的な状況を自然と回避できる可能性が増していきます。

 

そのことを必ず覚えておいてください。

 

なお、音信不通になって三ヶ月を過ぎても何の連絡もないようだったら「おひさしぶり~! 元気でやってる~?」くらい軽いトーンのメールを出して相手の反応をみてもいいでしょう。

 

大事なのは、決して彼を責めないことです。

 

【いつ穴にこもってもいいし、いつ帰ってきてくれてもいいのよ】という態度を忘れないで下さい。

 

全ての男性たちは、そういう夢のような女性を求めているのです。

 

■最後に

 

もしもあなたが自分の淋しさに負けずに彼の穴ごもりの権利を認めてあげることができたなら、あなたは彼にとって離れがたい魅力を持った女性になるでしょう。

 

なぜなら、ほとんどの女性にはこれができないからです。

 

これからは彼が急に心を閉ざしたり無口になったりしてもパニックにならないでください。

 

彼はただ傷を癒しストレスを解消するために自分の世界に閉じこもっているだけであり、あなたのことを嫌いになった訳ではないのです。

 

心を鎮めて彼が戻ってきてくれるのを楽しみに待ちましょう。

 

それができれば、あなたは正真正銘のイイ女になれます。

 

なお、女性からしてみたら不可思議でしかないこの男性特有の習性に関してもっと詳しくお知りになりたい場合は、ジョン・グレイ博士の『愛される女(わたし)になれる本』という書籍を参考にしてみてください。

 

男性が穴にこもってしまった時の対処法についてもより詳しく紹介されています。

 

※なお、この記事の内容に関しては【男が穴にこもった時の対処法】という記事(と動画)も参考になさってみてください。こちらの方は少し辛口ですが、たとえ話をつかって、今のあなたの状況が客観視できるような説明をしております。

 

 

■恋愛相談のお申し込みはこちらをクリック!

☆「あなたの恋を叶える7つの魔法」を無料プレゼント中です!
7kara@westwitch.info に空メールを送ると手に入ります。

【恋愛ブログランキング!】←参考になりましたら応援お願いいたします!


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (86)
    • りさ
    • 2016年 9月 14日

    初めまして
    彼氏が仕事が忙しくなるからごめんね、って言って返事がなくなりました。
    お付き合いは1年で、音信不通が4ヶ月弱です。
    今、高速で2時間離れたところにいます。
    凄く忙しいって忙しくなる前から言っていて、7月から大きな仕事が決まり嬉しそうでした。
    真面目で誠実な人というのは、凄く分かります。
    ただ、いつまで忙しいのかが分からず待つにも疲れてきました。
    日頃は、送り迎えもしてくれ真面目な話もちゃんと聞いてくれ、デートや旅行代も出してくれます。
    親にも挨拶に来てくれました。
    行動や態度を見ていると、信頼出来る人だなぁって思えるんですが、彼が穴から出てくるのか、不安になって来ました。サヨウナラ、って自爆しそうなのも怖いです。
    こちらばかり、我慢したり理解したり。。。
    女性がほんとの意味で包容力を持たないと続かないですね。

      • りさ
      • 2016年 9月 14日

      こちら、コメントに料金がかかるんですか?
      料金がかかるのでしたら、取り消しをお願い致します。

      • ヨシツグ
      • 2016年 9月 14日

      ※現在はコメントへの返信は控えさせていただいておりますが、他の方も気になる内容かもしれませんので、簡潔にお答えいたします。

      意外と誤解されている方が多いのですが、

      このブログのコメント欄にコメントを書き込んだからと言ってお金を請求されるようなことは一切ありません(笑)

      以前に、私(ヨシツグ)からの返信をご希望の場合にのみ、有料の「コメント相談」という形を取らせていただいたことがありましたが、

      ご相談が増えすぎて私の方がパンクしてしまったため、現在ではそちらも受け付けてはおりません。

      ですので、基本的に私からご返信はできかねますが、

      コメント欄にコメントしていただくこと自体は当然お金などかかりませんし、

      どなた様もどうぞご自由に感想やご意見などを投稿してくださいませ。

      お返事こそできませんが、私も必ず読ませていただいております。

      場合によっては、今後の記事の参考にさせていただいたりもします。

      ただ、著しく悪意を感じるものや、あからさまな売名行為、完全に個人的なご相談になってしまっているもの、

      などに関しては、投稿を反映させない場合もございます。

      その旨、何卒ご了承くださいませ。

      ご協力よろしくお願いいたします。

    • ゆり
    • 2016年 9月 06日

    1人にしておいて欲しいと言われ、不安でこのブログを読みました。そして、私からの連絡を一切断つと相手から、「ごめんね、いざ連絡が来ないと寂しかった」とすぐ連絡が来て、そこから色々話し合って普段通りに戻ることができました。このブログの通りになり過ぎてびっくりしました。結局戻って来るんですね笑 連絡を絶つことが出来たのはこのブログのお陰です。ありがとうございました。

    • せいの
    • 2016年 8月 21日

    彼がたまにそっけなくなるときは、必ずこちらの記事にお世話になります。
    私たちは、つきあっているわけでもなく、その上彼に今彼女がいるかさえ、聞く勇気もありません。ただ、私が彼を好きな気持ちと彼の私への優しさで繋がっています。
    だから、たまに彼がそっけなくなると、男性はこもりたくなる時期があるって分かっていても不安になります。
    でも大丈夫ですね、きっと。
    私は彼を大切に思いながら、自分を大切にしていきます。
    彼がまた私に会いたくなるとき、私が笑っていられるように。自分がまず幸せでいなくちゃ。

    • ゆき
    • 2016年 8月 16日

    今回はじめて読ませていただきました。

    3週間前に彼から突然、「最近忙しくてだめだ。しばらく自分の時間がほしいから遊んだり会うのをやめたい。」と連絡がきました。
    パニックになった私はすぐに、いつまで?と返事を返し、電話をしましたが、返信はなし。
    今まで忙しくても会う時間を見つけて会ったり、会えなくても2、3日に一回くらいは連絡がきたりしていたので、そんなこと言われたことがありませんでした。
    さらに数日後私は何かした?と再度連絡をしてしまい、それでもやっぱり返事はなく、困惑してネットを見てたらこちらにたどり着きました。

    読ませていただいて、私は一番やってはいけないことをやってたんだなぁと思いました笑。
    頭ではこのまま彼に一人の時間をあげたほうがいいと理解していたのですが、自分の不安のほうが先走っていました。
    こちらに書いてあったことがすんなり私の中に落ちてきて、彼をしっかり待とうと思うことができました。
    まだまだ穴ごもり真っ只中なので不安もつのりますが、彼を信じて待ちます。

    本当に気持ちが楽になりました。
    ありがとうございます。

    • momo
    • 2016年 8月 05日

    ヨシツグさん!
    いつもブログや動画を見ながら、勉強させて頂いてます(^^)前回は ものすごい 暗いコメントをしてしまいました!すみません!汗 あれから、彼からの連絡は ありません!もうすぐ3週間がたちます。ヨシツグさんのブログを見ながら、私は私なりに自分を大切にして生きていきたいと思います*彼が戻ってこなくても、1人で立てる女性になりたいです!誰かに逃げるとかもしたくありません。まずは、自分自身と本気で向き合って行くことから始めたいと思います!
    もちろん彼のことは まだ好きです!
    気付かせてくれたのは、ヨシツグさんです*
    ありがとうございます( › ·̮ ‹ )
    いつか、穴ごもりの動画が見てみたいです…!
    ヨシツグさんのブログが面白くて、気が沈んだ時はいつも笑いながらみています*笑

ピックアップ記事

ca84a0e8d02797ad388573ab1013965e_m

2018.4.5

過去動画を「Himalaya(ヒマラヤ)」で音声ファイルとして聴けます!

こんにちは!実は超ロングスリーパーの、池袋・占い空間ウエストウィッチのヨシツグです。昔から隙あらばすぐに…

カテゴリー

過去の記事

ページ上部へ戻る